ニューカッスルのベン・アルファの手術成功 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/10/11
ニューカッスルのベン・アルファの手術成功

ニューカッスルのベン・アルファの手術成功
まずは良かった

3日に行われたマンチェスター・シティ戦で相手のオランダ代表MFニヘル・デ・ヨンクの悪質なタックルを受け左足の腓骨(ひこつ)と脛骨(けいこつ)の2個所を骨折したニューカッスルのフランス人FWハテム・ベン・アルファは翌4日に手術を受け、無事成功した。とはいえ、復帰には時間がかかると見られており、今シーズンの残りを棒に振る可能性が高くなった。この知らせを受けたニューカッスルのクリス・ヒュートン監督は、今季獲得したばかりの新戦力の負傷を嘆きつつも、一日も早い復帰を願った。「ハテムが気の毒でならない。けがはいつでも苦しいものだが、今回のようなひどいけがは23歳の若者にとってつら過ぎる。手術が成功してくれたことに心から感謝している。彼が一日も早く回復しピッチに戻ってきてくれることを心待ちにしている」((C)MARCA.COM)

update: 2010年10月11日4:12 am