危険なタックルをしてしまったデ・ヨンク | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/10/11
危険なタックルをしてしまったデ・ヨンク

ニューカッスル戦の序盤で行ってしまったデ・ヨンク
タックルを受けたベン・アルファは骨折
タンカで運ばれるときは大丈夫だというサインというか
していたがやはり重傷

3日のプレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦で、左足の脛骨と腓骨を骨折するという重傷を負ったニューカッスルのフランス人MFハテム・ベン・アルファ(23)
第5節のエヴァートン戦でプレミア初ゴールをあげ、新天地でいよいよ才能を開花させようとしていた矢先に、マンCのニヘル・デ・ヨンクから受けた「粗暴なタックル」(スカイスポーツ)で、最初の診断では全治6ヶ月。レキップ紙によると、4日に受けた手術は無事に成功したものの、完全な状態でプレーできるようになるには9ヶ月を要する可能性もあるという。デ・ヨンクのラフプレーは、フランスサッカー界期待の星のキャリアを脅かす“凶行”として、大きな波紋を生んでいる。デ・ヨンクにはW杯決勝で見せたシャビ・アロンソの胸部へのハイキックという有名な“前科”もある。オランダ代表のファン・マルワイク監督は、デ・ヨンクを一時的にメンバーから外すほど事態を重く見ている。(欧州通信)

いろいろなコメント
ベン・アルファ

「ハードなリハビリをして、再びニューカッスルのユニフォームでプレーできるようがんばる。道のりは長いが、前向きでありつづけなくてはならない」(欧州通信)

マンチーニ

鋭いつめを持ってはいるが、誠実な男だ。タックルが強めに入ってしまったことは事実だが、意図したものではなかった。試合中に起こってしまう不運なアクシデントの1つだ(スポーツナビ)

マンCのロベルト・マンチーニ監督はクラブ公式HPで、「クラブの指揮官として、彼が競争心旺盛の選手であると同時に、何よりも誠実かつ正直な、偉大な選手でもあることを強調しておきたい。私は心から彼を支えるよ」とコメント。デ・ヨングをサポートするとしている。(ISM)

ベン・アルファのことはとても悲しく思っている。彼ができるだけ早く復帰できるように願っているよ。ただ、デ・ヨングは激しい選手だけど、同時に誠実な選手でもあるんだ。ハードに向かっていくけど、相手を傷つけるつもりはない。日曜のことは試合中のアクシデントということだ。審判も見ていたし、ファウルすら取らなかった。(代表から外されたことについては)オランダの監督の決断について口を挟みたくない。私は、審判たちがデ・ヨングのことを客観的にジャッジし続けるように願っている(Goal)

ブライアン・キッド助監督

悪意は一切なかった。ナイジェルはそういった人間じゃない(Goal)

ニューカッスル

ニューカッスルは本日、(デ・ヨングの)タックルについて、FAに決然とした内容の文書を送付した。クラブはデ・ヨングのタックルが不必要かつ行き過ぎたものだと考えており、同選手のタックルに対して何らかの措置を取ることをFA に要請した(ISM)

ニューカッスルのクリス・ヒュートン監督

彼は良いスピリットにあるし、リハビリをして、今季中に戻ってこようと考えている。復帰に集中しているよ。こういうケガをしたときは、気迫を持たなければいけない(Goal)

フランス代表監督ブラン

「重いケガだ。忍耐が必要になる。ベン・アルファにとって残念なこと。勇気をもてと伝えたい。いまは回復を祈るしかない」とレキップ紙に話した。“加害者”のデ・ヨンクについては、「口に出すのは微妙。思うところはあるが、何も言わずにおきたい」(欧州通信)

ナスリ(ユースからの仲良し)

「ハテムは酸素マスクまで付けて担架で運ばれたというのに、デ・ヨンクには警告すらなかった。こういうジャッジには戦慄をおぼえる。(攻撃側の)選手たちは十分に守られていない」(欧州通信)

オランダ代表ファン・マルヴァイク監督

今回のナイジェルは一線を越えてしまった。今回の件は関わったものすべてが損をしたという点で残念だった。ベン・アルファは骨折したが、ナイジェルもまた、失ったと言える。私も大事な2試合で素晴らしいコンディションにある選手を使えない。だが、決断を下すのに時間はかからなかった。4日にナイジェルと話した。彼は落胆していた。それでも、私の決定を理解してくれているとも感じた。過去のファウルについても彼と話し合った。しかし、これまでの彼は今回のように一線を越えることはなかった。(ISM)

オランダ代表のチームメート、マルク・ファン・ボメル

ナイジェルはまだ僕らの一人だし、それは変わらない。今回のこと(代表落選)は、僕らみんなが悲しく感じている。でも、監督の決定も理解しているよ。彼が相手選手を骨折させてしまったのは、とても不幸なことだ。でも僕は、彼がナイスガイだと知っている。彼に相手を傷つけるつもりなんてないんだ。彼はただ、できるだけ勝ちたいと願っているだけなんだよ。それが彼の強さの一つだし、だからこそW杯ファイナルまでいったんだ。みんなは彼を犯罪者呼ばわりするけど、バカげている。今のナイジェルがどういう気持ちか、僕には完璧に分かる。僕にもかつて似たようなことがあったからね。ナイジェルは自分のプレースタイルを変える必要はない。僕らにはあの彼が必要なんだ(Goal)

ベン・アルファのレンタル元マルセイユのデシャン監督

これからどうなるかは、シーズンが終わるのを待つ必要がある。試合数に応じて、ニューカッスルが彼を完全移籍で獲得するというオプションはあるよ。もちろん、べン・アルファは試合に出られない。だが、ニューカッスルがどうするかを見てみなければならないだろう。私としては、彼がマルセイユに戻ってくるのは問題ないよ。でも、彼自身のプランにはあまりないことだと思うんだ(Goal)

update: 2010年10月11日4:11 am