テベス、自分がキャプテンにびっくり | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/09/30
テベス、自分がキャプテンにびっくり

テベス、自分がキャプテンにびっくり
英語が厳しいのは困った物だが
テベスならみんなついていく素晴らしいプレイヤー

「自分がキャプテンになるなんて、驚きだね。僕の英語力は問題だ。しっかりと話せるわけじゃないから、選手たちに物事を伝えるのが簡単とは限らない。でも、ピッチでは責任を負う。みんなが下を向いているときに前を向かせることができるかは僕次第だ」「監督と僕の関係は風通しの良いものになった。今はすべてうまくいっているよ。僕たちはオープンな関係で正直なんだ。まぁ、今でも(口論になった4月の)練習時に自分が言ったことは正しいと思っているよ」「ゴールスコアラーが調子を上げるには、さまざまな要素がある。ロベルトは僕が良くなるのをある程度サポートしてくれた。でも、コンスタントにプレーすることが自分にとっては大きい」「(クレイグ・ベラミーの)移籍は残念だったよ。今でも悲しいね。ピッチでは良いパートナーだったし、ピッチ外でも良いチームメートだったんだ」(Goal)

update: 2010年9月30日6:14 pm