ゼコはシティに行きたいんだ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2010/08/06
ゼコはシティに行きたいんだ

人気銘柄のゼコ、シティは獲得できるか?
そんな中でまさに応援演説、というか代弁、恐山?
「ゼコはシティに行きたいんだ」と吠えるピアニッチ、ほんとか

ヴォルフスブルクに所属するFWエディン・ゼコは、ビッグクラブへの移籍が頻繁に取りざたされている。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表でゼコとチームメートのリヨンMFミラレム・ピアニッチは、仲間の移籍についてコメントした。ピアニッチは、ゼコがマンチェスター・シティに移籍すると感じているようで、『ESPNサッカーネット』の中で次のように述べている。「エディンはイングランドに行きたいと強く思っている。彼はトップクラスの選手だし、イングランドに行くべきだね」「彼は最高のアタッカーの一人だ。彼には素晴らしい将来があるだろうし、僕は彼がイングランドに行くと思う。マンチェスター・シティは強いチームをつくっているところだね。彼はそのチャレンジに興味を持っているはずだよ。最終的に移籍するかもね。エディンは本当にマンチェスター・シティへ行きたいんだ」(Goal)

ヴォルフスブルクFWエディン・ゼコも狙っているマンCだが、ドイツのクラブが要求する3500万ポンド(約47億8000万円)は高すぎると考えているようだ。『テレグラフ・スポーツ』によると、ロベルト・マンチーニ監督率いるマンCは、ゼコに2500万ポンド(約34億2000万円)の評価をしているという。それ以上の金額を出すつもりはないそうだ。そのため、ユヴェントスやチェルシーも関心を寄せるゼコを諦め、マンCはインテルFWマリオ・バロテッリを獲得することにしたという。(Gazzetta.it.)

update: 2010年8月6日11:53 pm