グアルディオラとエムバペが極秘会談 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2021/05/04
グアルディオラとエムバペが極秘会談

グアルディオラとパリ・サンジェルマン所属で
フランス代表のエムバペ22歳が極秘会談
ハーランドか?エムバペか?

エムバペにマンC急接近 指揮官と極秘会談で争奪戦は風雲急
5/3(月) 22:31配信
東スポweb

争奪戦が繰り広げられるフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)の同国代表FWキリアン・エムバペ(22)をめぐり、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーが移籍先に急浮上してきた。
フランス紙「レキップ」は、獲得を熱望するマンチェスターCのジョゼップ・グアルディオラ監督(50)とエムバペ側が極秘会談を行ったと報道。現在はPSGに残留するか、移籍する場合はスペイン1部レアル・マドリードが本命視される状況に揺るぎはないが、マンチェスターC側が仕掛けた〝電撃交渉〟で争奪戦が新たな局面を迎えたと指摘している。
スペインの移籍専門メディア「ミオトラリーガ」も「今夏マドリードによるエムバペとのサインは(財政事情から)容易ではないだろうということはすでに知られている。PSGはまだいかなる価格でも売りたくないという姿勢を崩さない。しかし、エムバペとの契約を結ぼうとする〝第3のチーム〟の出現によって、交渉が複雑になっている」と争奪戦の風向きが変わる可能性を予測。「グアルディオラによる干渉がどう影響するのか」と名将の〝直接出馬〟でエムバペが翻意する展開もあり得るとした。
大物ストライカーの獲得レースは予断を許さない状況になってきた。

update: 2021年5月4日11:41 pm