アグエロの今後のいろいろ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2021/04/04
アグエロの今後のいろいろ

退団決定のアグエロ
アグエロの移籍先にいろいろ噂が出る
バルセロナでメッシと合流
バルセロナがハーランド獲得失敗したときのターゲット
マラドーナ弟がナポリへ勧誘
代表のパレデスがパリ・サンジェルマンにラブコール

バルサがデパイとアグエロの獲得に興味…ハーランド獲得失敗の備えか
4/1(木) 15:02配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バルセロナは、リヨンのFWメンフィス・デパイとマンチェスター・CのFWセルヒオ・アグエロを今夏のターゲットに据えているようだ。3月31日付けでスペイン紙『アス』が報じている。
今回の報道によると、バルセロナは来シーズンに向け、まずドルトムントのFWアーリング・ハーランドをトップターゲットに据えているとのこと。しかし莫大な移籍金が必要と見られ、各国ビッグクラブとの争奪戦が予想される同選手の獲得失敗に備え、デパイとアグエロをリストアップしているという。
両選手は、ともに今シーズン限りで現在の所属クラブと契約満了となる見込みで、ハーランドに比べると低コストでの補強が可能となる。またデパイに対しては同胞のロナルド・クーマン監督が獲得を望んでいるとされ、アグエロの獲得は未だ去就不透明のFWリオネル・メッシへ契約更新を促す効果も期待されているようだ。
果たして、来シーズンのバルセロナの前線ではどういった顔ぶれがプレーしているのだろうか。

メッシのマンチェスターC移籍はまだ消えていない 英紙がバルセロナの資金難指摘
4/1(木) 16:26配信
(スポーツ報知)

英大衆紙「ザ・サン」がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのマンチェスターC移籍の可能性が「今も残されている」と報じた。
同紙は「スペインメディアはメッシのバルセロナ残留に落ち着いているが」と前置きした上で、クラブの資金難を指摘。投資銀行の「ゴールドマン・サックス」から3億ポンド(約471億円)の借入金を得て、現在の危機を乗り越える意向だが、まだこのローンは確定していないという。
もちろんラポルタ会長は公約通り、メッシの残留を望んでいる。しかし、ローンを調達して資金難が解消しなければ、物理的にアルゼンチン人のスーパースターを放出しなければならない状況も発生する。
FWセルヒオ・アグエロの退団が決まり、マンチェスターCにとっても得点源の補強は急務だ。ノルウェー代表の新怪物FWハーランドをアグエロの後継者候補NO1としているが、バルセロナの状況によっては、近年の悲願だったメッシ獲得も実現させる可能性も生まれそうだ。

マラドーナ弟、前妻を通じてアグエロをナポリに勧誘?「インシーニェ、メルテンスと3トップを」
4/3(土) 5:40配信
SOCCER DIGEST Web

ディエゴ・マラドーナの弟ウーゴは、マンチェスター・シティを退団するアルゼンチン代表FWのセルヒオ・アグエロに、ナポリへの移籍を呼び掛けるようだ。
3月31日、『Radio Kiss Kiss』の取材を受けたウーゴは、「(アグエロの前妻でディエゴ・マラドーナの次女)ジャンニーナと話をするつもりだ。彼女はアグエロに『太陽と海があるナポリに移籍してほしい』って言うかもしれないね。私も彼と話せるなら、ユベントスではなく、ナポリに移籍してくれって説得してみるよ」と話した。
さらにウーゴは、「ロレンツォ・インシーニェ、ドリース・メルテンス、そしてアグエロの3トップを想像してほしい。彼にはぜひとも(ナポリの本拠地)マラドーナ・スタジアムでプレーしてもらいたい。そうなればとても素晴らしいね」とコメントしている。
フリーで獲得できるアグエロには、バルセロナやチェルシー、ユベントス、インテル、パリ・サンジェルマンのほか、古巣のアトレティコ・マドリー(2006~11年)や母国アルゼンチンのインデペンディエンテ(03~06年)など、多くのクラブが関心を寄せている。はたしてアグエロは、新天地にどのクラブを選択するのだろうか。

同胞にラブコール? PSGのパレデス、今季限りでマンC退団のアグエロに言及「大歓迎さ」
4/2(金) 17:57配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

今シーズン限りでマンチェスター・Cを退団することが決定したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同国代表MFレアンドロ・パレデスがラブコールを送った。1日に、アルゼンチンメディア『TyC Sports』が報じている。
マンチェスター・Cは3月29日、アグエロが契約満了を迎える今夏にクラブを退団すると発表。これにより、アグエロは10シーズンにわたった“ザ・シチズン”での冒険に終止符を打ち、新天地を求めることになった。
稀代のゴールハンターには、チェルシーやバルセロナ、ユヴェントスなどが関心を寄せていると言われているが、PSGのパレデスは同胞を自チームに引き入れたいと考えている模様だ。『TyC Sports』のインタビューで、パレデスは以下のように答えている。
「僕たちは、常に最高のプレーをしようと試みている。“クン(アグエロの愛称)”だってその1人だ」
「PSGは彼を大歓迎するよ」

update: 2021年4月4日11:51 pm