アグエロ、移籍先はプレミア希望 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2021/03/18
アグエロ、移籍先はプレミア希望

シティを契約満了になり
バルセロナでメッシとコンビか?
と思われたが本人はプレミアでのプレー希望

今夏フリーのアグエロが英残留を希望 バルセロナのメッシ残留計画にも影響
3/18(木) 18:16配信
東スポweb

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)が英残留を希望していると、同国紙「デーリー・メール」が報じた。
アグエロは今夏で契約満了となり、移籍金なしのフリーで他クラブに移籍できるとって、すでにスペイン1部バルセロナが正式オファーを出したと伝えられている。このまま移籍は確実とみられていたが、同紙は「セルヒオ・アグエロはマンチェスター・シティーを離れても来シーズンはプレミアリーグに残ることを望んでいる」との記事を掲載した。
アグエロ自身は今後の去就について、具体的なコメントをしていないものの、同紙はバルセロナとともに「パリ・サンジェルマン(フランス)とチェルシーが32歳の選手に注目している」とし、中でもチェルシーはかねてアグエロに興味を抱いていると報じた。
今後の動向が気になるところが、バルセロナにとっては大問題となる。今夏の去就が宙に浮いたままのFWリオネル・メッシ(33)を残留させる切り札として、エースとプライベートでも親交の深いアグエロ取りに動いた経緯があるからだ。
このまま獲得に失敗することがあれば、バルセロナのジョアン・ラポルタ新会長(58)が「最優先事項」と話しているエースの残留も厳しくなりかねない。これから本格的な契約交渉が始まるが、アグエロはどんな結論を出すのだろうか。

アグエロの移籍先候補にチェルシーが浮上?本人はプレミア滞在を希望か
3/18(木) 19:10配信
超WORLDサッカー!から

去就が不透明なマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)だが、移籍先の候補にチェルシーが挙がっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。
シティとの現行契約が今季限りとなっているアグエロだが、延長の兆しが見られず、今夏にフリーで退団する見方が強くなっている。今季はヒザやハムストリングのケガに見舞われ、さらには新型コロナウイルスに感染するなどコンディション調整に苦しみ、ここまで公式戦14試合で3ゴールと寂しい数字となっている。
去就に関しては以前からバルセロナが注視していると報じられており、今月新会長に就任したジョアン・ラポルタが、チームのエースFWリオネル・メッシの同胞の獲得を口にしたとも言われている。
しかしながら最近では、アグエロはプレミアリーグ残留を望んでいるとされ、その関係から10年前にも獲得に動いたというチェルシーが移籍先候補として浮上しているようだ。
チェルシーはアグエロ以外にも、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの獲得を目指していると言われており、ストライカーを探しているのは間違い無いのかもしれない。

update: 2021年3月18日11:51 pm