チェルシーのスコラーリ監督が激怒 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2008/09/06
チェルシーのスコラーリ監督が激怒

相当怒っているらしい
しかし口約束だとか、やっていいこと悪いこととかぐちぐち何かなあ
今度の試合で粉砕してくれ

ロビーニョ獲得に向けオーナーのアブラモビッチを説得し続けてきたスコラーリ監督は、同選手のマンCへの移籍を知ると、本人に直接電話して怒りをぶつけた。
「期待を込めて、チェルシーとのいい契約を用意してやったのに、よくも裏切ってくれたものだ。やっていいことと悪いことがある」
スコラーリ監督はまた、ロビーニョの代理人ワグネル・リベイロに対しても、「チェルシーと口約束を交わしたにもかかわらず、ほかのクラブからのオファーを検討していた」と非難した。(スポーツナビ)

update: 2008年9月6日9:08 am