マンC、銀河系へ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2008/09/04
マンC、銀河系へ

レアル・マドリッド、チェルシーと来て今度の銀河系はマンCになる
ジダン、フィーゴ、ロナウド、ラウール、ベッカム
これに対して
カカ、C・ロナウド、トーレス、メッシ、セスク、ベルバトフ
ゲームでやるような好きなメンバーだけのチームを作るようだ
しかし前線の選手ばかり、実際この中で1人でも撮れたらいい
そして130兆円の資金の前にはアブラモビッチも・・・上には上がいた

スポーツ報知
ブラジル代表FWロビーニョを獲得したマンチェスターCのアルファイム新オーナーが、新銀河系軍団の結成を宣言した。3日付の英各紙によると、同オーナーは移籍市場が再開する来年1月の獲得希望選手として、MFのC・ロナウド、FWベルバトフ(ともにマンチェスターU)、MFカカ(ACミラン)、FWメッシ(バルセロナ)、FWフェルナンドトーレス(リバプール)、MFセスク(アーセナル)の6人を指名。総額4億8400万ポンド(約932億円)の移籍金に加え、各選手に年俸20億円を支払う用意があるという。
 とてつもない金額だが、総資産130兆円とも推定される投資会社ADUGの総帥にとっては、ほんのポケットマネー。ザ・サン紙は、「彼に比べれば、アブラモビッチ(チェルシーのオーナー)もおもちゃの貯金箱のようなもの。実現性は高い」という見方を示した。

update: 2008年9月4日4:50 pm