2020.12.28:エヴァートン戦延期 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/12/29
最終更新日:2021/01/05
2020.12.28:エヴァートン戦延期

コロナの影響により第16節の
マンチェスター・シティ vs エヴァートン
が延期
プレミアの今シーズン試合延期は2試合目

マンCで複数の新規コロナ陽性者、エバートン戦中止に
2020/12/29(火) 10:26配信
AFP BB

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のチーム内で、新型コロナウイルスの陽性反応者が新たに複数人見つかったため、28日に予定されていたエバートン(Everton)とのリーグ戦が延期になった。
シティは25日にも、DFカイル・ウォーカー(Kyle Walker)とFWガブリエウ・ジェズス(Gabriel Jesus)にスタッフ2人を加えた計4人が陽性反応を示したと発表していた。
シティは発表文の中で、「新たに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査を行った結果、すでにクリスマスに報告されていた4人に加え、クラブ内で新たな陽性反応者が複数人確認された」とし、「確かな医学的指示に基づき、プレミアリーグは両クラブと協議した上でこの一戦の延期を決定した」と記した。
プレミアリーグの規則では、感染者がいるクラブでプレー可能なトップチーム選手が14人未満にならない限り、試合が延期されることはないが、リーグ側は医学的忠告に基づく予防措置として、この日の試合が延期されたとしている。
グディソン・パーク(Goodison Park)での一戦は、今節の試合の中では唯一観客を入れた状態での開催が予定されていた。
リバプール市は新型ウイルスの警戒レベルが2番目に高い「ティア2」に分類されており、エバートンとリバプール(Liverpool FC)のホームゲームでは2000人までの入場が許可されている。この日のシティ戦に勝利すれば、エバートンは首位リバプールと勝ち点で並ぶことができた。
シティの練習施設は「無期限」で閉鎖されることになり、再開可能になるまで、選手とスタッフの検査がさらに行われる。

マンC、感染者続出で試合延期 イングランド・プレミアリーグ
2020/12/29(火) 8:40配信
(共同通信)

新型コロナウイルスでエバートン対マンチェスター・シティー戦が延期され閑散とするスタジアム=28日、リバプール(ゲッティ=共同)
サッカーのイングランド・プレミアリーグは28日、マンチェスター・シティーに新型コロナウイルスの感染者が多く出たため、同日に予定していたエバートン戦を延期した。クラブ側の要請を受け、試合開始予定の4時間前に発表した。
マンチェスターCは25日にFWガブリエルジェズス、DFウォーカーとスタッフ2人が検査に陽性反応を示したと発表し、この日さらに複数の感染者が確認された。(ロンドン共同)

マンチェスター・Cで“多数”の新型コロナ陽性…28日夜のエヴァートン戦が延期
2020/12/29(火) 6:57配信
(Goal)

マンチェスター・シティは、28日夜に予定されていたエヴァートン戦の延期を発表した。
28日夜にグディソン・パークで行われる予定だったエヴァートン対マンチェスター・C。しかし、24日にガブリエウ・ジェズスとカイル・ウォーカー、さらに2名のスタッフから新型コロナウイルス検査で陽性反応が確認されたマンチェスター・Cで、さらなる感染者が判明したようだ。
クラブは28日昼過ぎに「マンチェスター・シティは今夜のエヴァートンでのプレミアリーグマッチを延期することを発表する」と声明を出し、最新の検査で多数の陽性ケースが確認されたことを伝えた。そして、さらなる感染拡大のリスクがあるため、プレミアリーグ、エヴァートンとの協議の結果、この試合の延期が決まった経緯についても説明した。
続けて「すべての陽性者はプレミアリーグとイギリス政府のプロトコルに従って隔離に入る。ファーストチームトレーニンググラウンドは無期限で閉鎖され、トレーニング再開の決定が出るまでスカッド、関係者に対して検査が実施される」と綴り、最後に「クラブの全員が仲間たちの仕事、トレーニング、コンペティション復帰に向けての早期回復を祈っている」と願いを込めた。
なお、今シーズンのプレミアリーグにおいて、試合が延期されたのは12月上旬に予定されていたアストン・ヴィラ対ニューカッスル・ユナイテッド以来2試合目となる。

エバートン対マンCの試合が急遽延期に。新たに新型コロナウイルス陽性者を多数確認
2020/12/29(火) 6:46配信
フットボールチャンネル

プレミアリーグ第16節、エバートン対マンチェスター・シティの試合が現地時間28日に行われる予定だったが、急遽延期になった。シティが公式サイトを通じて延期に至った理由を説明している。
クラブの発表によると、現地時間25日の時点でガブリエル・ジェズスとカイル・ウォーカー、およびスタッフ2名の新型コロナウイルス陽性が確認されていたが、その4人に加えて多くの陽性者が新たに確認されたという。
医学的なアドバイスに基づき、さらなる感染拡大を防ぐためにエバートン対マンチェスター・シティの試合が急遽延期されることになった。なお、現時点で延期後の代替日程は決まっていない。

シティでコロナクラスター発生…28日のエバートンvsマンチェスター・シティが急遽開催延期に…
2020/12/29(火) 3:34配信
超WORLDサッカー!から

プレミアリーグは28日、同日開催予定だったプレミアリーグ第16節、エバートンvsマンチェスター・シティに関してマンチェスター・シティの複数選手、チーム関係者に新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受けて開催延期を決定した。シティでは25日にブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスとイングランド代表DFカイル・ウォーカーの2選手とトップチームスタッフ2名にコロナウイルス陽性判定が確認されていた。26日に開催された第15節のニューカッスル戦(2-0で勝利)はその4名を除いて、すべての関係者の陰性が確認されていたため、試合開催に漕ぎ着けた。
だが、28日午前に最新の検査結果が出た際に前述の4名に加えて、詳しい人数の詳細は未公表も複数名に陽性判定が確認された。
これを受けて、プレミアリーグ理事会は更なる感染拡大を阻止するため、試合開催を延期すべきとの医学的なアドバイスに従い、エバートンvsマンチェスター・シティの開催延期を決定した。
なお。シティは29日に新たな検査を実施し、今後の試合開催の可否を含めて判断していくことになる。
また、同カードの代替日程は現時点で決まっていない。

マンCで新たに複数の新型コロナ陽性者…感染者増加でエヴァートン戦延期が決定
2020/12/29(火) 2:03配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

プレミアリーグは28日、新型コロナウイルスの影響により、同日に行われる予定だったプレミアリーグ第16節のエヴァートン対マンチェスター・C戦を延期することを発表した。
マンチェスター・Cも同日にクラブ公式サイトを通じて、最新の検査で新たに複数名に新型コロナウイルス陽性が確認されたことを発表。25日にも4名の陽性を発表していたが、さらに感染者が増えたことで、プレミアリーグに試合日の再編成を要請。同リーグの理事会は医学的なアドバイスを受け、両クラブとの協議の結果、試合延期の決断を下した。
マンチェスター・Cは25日にブラジル代表FWガブリエル・ジェズス、イングランド代表DFカイル・ウォーカー、スタッフ2名の計4名に新型コロナウイルス陽性反応が出たことを発表。今回陽性が判明した人の詳細は明かされていない。また、すべての陽性判定者は、プレミアリーグやイギリス政府の検疫プロトコルに従って自主隔離を実施。トップチームの練習場は無期限で閉鎖となり、チームや関係者の再検査の結果次第で練習再開の判断を下すという。

マンチェスター・Cで新型コロナ多数陽性者…第16節エバートン戦が急遽延期に
2020/12/29(火) 8:53配信
ゲキサカ[講談社]

プレミアリーグ第16節・エバートン対マンチェスター・シティの試合が急遽延期となった。マンチェスター・C公式とプレミアリーグ公式が28日に伝えている。
28日、プレミアリーグ第16節がイングランド各地で開催。マンチェスター・Cは敵地でエバートンと対戦する予定だった。しかし、試合は急遽延期に。クラブによると、25日に新型コロナウイルス陽性が確認されたFWガブリエル・ジェズスとDFカイル・ウォーカー、トップチームスタッフ2人の計4名のほかに多数の陽性者が確認されたという。
マンチェスター・Cは医学的アドバイスに基づき、感染拡大を防ぐために試合延期をプレミアリーグにリクエスト。リーグ理事会は選手とスタッフの健康を優先するとし、それに同意したようだ。なお、試合代替日は決まっていない。
クラブは公式サイトを通じて「選手やスタッフが関与するすべての陽性者は、プレミアリーグとイギリス政府のプロトコルに基づき、隔離期間が設けられる。ファーストチームのトレーニンググラウンドは無期限で閉鎖され、トレーニング再開の決定が下される前に、選手と関係者に対して検査が行われる」と説明し、「クラブの全員が、仲間たちの仕事、トレーニング、競技に一日も早く復帰することを願っている」とコメントした。

直前でマンチェスター・C戦が延期に…エヴァートンはPLに対し「理由を明確に開示すべき」
2020/12/29(火) 16:20配信
(Goal)

急きょ延期になったプレミアリーグ第16節の一戦について、エヴァートンが動きを見せている。
28日にグディソン・パークで行われる予定だったエヴァートンvsマンチェスター・シティは、直前になって延期の決断となった。主催のプレミアリーグは「マンチェスター・Cの選手から多数の新型コロナウイルス陽性者が出たため」と理由を説明している。
マンチェスター・Cは先日、ガブリエウ・ジェズス、カイル・ウォーカーと複数のチームスタッフが新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されていた。だが今回はそれ以上に多数の感染者が出たと見る向きも強い。
エヴァートンは中止になった一戦について、クラブ公式メディアを通じてこのような声明を明らかにした。
「我々、エヴァートンフットボールクラブは、マンチェスター・Cとの試合が直前になって延期とされたことを残念に思っております。スタジアムに来場予定だった約2000名のファン、そしてマージーサイドや世界中のサポーターにとっても、この判断は無念と言えるものです」
「一方で、我々はチームスタッフ、そしてグディソンの全員がそうであったように、感染症対策などの予防を行ったうえで、試合に向けて万全の準備をしていました。もちろん安全面が最優先と判断されたことについて異論はありません。ですが、マンチェスター・Cがプレミアリーグに提供したすべての情報は開示されるべき。なぜこの決断に至ったのか、明確にしてもらいたい」
今季、プレミアリーグの方針では“チームのプレーヤーが14名未満にならない限り、試合延期の措置は取らない”と示していた。もし試合延期が正当な理由だとすれば、マンチェスター・Cでプレー可能な人員は13名以下に陥ったことになる。
果たしてマンチェスター・Cに何が起こっていたのだろうか。もし新型コロナウイルスの集団感染となれば、今後のリーグ進行に多大な影響を及ぼすだけに、続報が待たれるところだ。

エバートン、マンC戦延期で全面的な情報開示求める
2020/12/30(水) 10:33配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

マンチェスター・シティーで新型コロナウイルス陽性者が増加したため、28日のエバートン戦が延期になった件で、エバートンは試合延期に関する全面的な情報開示を求めていると、29日付英紙サン電子版が報じた。
現地時間で午後8時にキックオフ予定で、2000人のサポーターがスタジアムで観戦予定だった。同電子版はこれより先に、延期になった経緯として選手やスタッフの半数が感染している可能性が高いと伝えていた。
エバートンは、試合日が最も重要な日であること、それに向けて選手やスタッフが準備を進めてきたことを挙げ、遺憾に思っていると声明文で明らかにしたほか、マンチェスターCがプレミアリーグに提供した全ての情報を開示することにより、なぜ延期の処置が取られたのか明らかにして欲しいと公式に要求した。
マンチェスターCは、今週末にチェルシー戦が控えており、この試合も延期になる可能性もある。またその3日後には、マンチェスター・ユナイテッドとのイングランド・リーグ杯準決勝が続く日程となっている。(A・アウグスティニャク通信員)

マンCがコロナ感染者続出で延期 今季2試合目
2020/12/29(火) 17:58配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

マンチェスター・シティーで新型コロナウイルス検査の陽性反応者が増加したため、28日に敵地で行われるはずだったエバートン戦が延期となった。
既にFWガブリエルジェズス、DFウォーカーとスタッフ2人の感染が報告されており、その後の検査で新たな陽性者が複数出たため、医学的助言を受けてリーグ側に延期を要請。同クラブは施設を閉鎖し、選手や関係者の検査を続ける。今季プレミアリーグでの試合延期は今月4日に予定されていたアストンビラ-ニューカッスル戦以来2試合目。

update: 2020年12月29日11:18 pm