グアルディオラ、CLで激突するボルシアMGをリスペクト | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/12/15
グアルディオラ、CLで激突するボルシアMGをリスペクト

チャンピオンズリーグで次の対戦相手の
ボルシアMGについて
「私は彼らがいかに巨大で重要で歴史的なクラブであるかをドイツで学んだ。私も非常に尊敬するクラブで、美しいサッカーをしている」
とコメント
バイエルンの監督時に対戦で感じる者もあったか

グアルディオラがCLで対戦決定のボルシアMGに言及「とても尊敬しているクラブ」
12/15(火) 16:25配信
超WORLDサッカー!から

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦が決まったボルシアMGについて言及している。イギリス『ミラー』が伝えた。
CLラウンド16の組み合わせ抽選会が14日に行われ、シティはボルシアMGと対戦することが決定。同じドイツ国内のバイエルンを指揮していた時代から対戦する機会のあったグアルディオラ監督は、同クラブの歴史やスタイルに敬意を表した。
「私は彼らがいかに巨大で重要で歴史的なクラブであるかをドイツで学んだ。私も非常に尊敬するクラブで、美しいサッカーをしている」
またグアルディオラ監督は、ボルシアMGの今季CLでの戦いについても言及。レアル・マドリーやインテルといった強豪ひしめくグループを突破してきたことに警戒を強め、最高な状態で試合に臨まなければならないと語った。
「彼らはタフなグループを突破した。それもレアル・マドリーを倒したシャフタール・ドネツク相手に2度も見事な試合を収めながらね。できる限り最高のコンディションで望まなければならないだろう」
「彼らの試合のハイライトは見た。それがあのチームの姿を正しく映したものではないだろうが、我々も早い段階から準備を始めなければならない」
8季連続での決勝トーナメント進出となったシティ。悲願のCL制覇のため、まずはドイツの名門を退け、準々決勝へ駒を進めることは出来るだろうか。

update: 2020年12月15日11:46 pm