タイで人気無し | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2008/10/24
タイで人気無し

人気ねー、ってことじゃなく比較するマンUとかは
前から種まきしていたのだからこれからだろう
これからの人気も微妙だが

バンコク時事
タイのタクシン元首相は昨夏、サッカーのイングランド・プレミアリーグの中堅クラブ、マンチェスター・シティー(マンC)の会長に就任、タイでのファン拡大を目指した。しかし、自身の汚職事件の公判が進む中、今年9月に早くもチームを売却。同国のプレミアリーグファンのうち、マンCのファンは3%にとどまるなど、人気は出なかった。
タクシン氏は昨年7月、総額8160万ポンド(約200億円)でマンCを買収すると、「世界各国でサポーター拡大を目指す」と豪語。タイ人選手3人を入団させたほか、タイ代表チームとの親善試合を行うなど、とりわけタイでの人気を高めようとした。
だが、タイのウェブサイトが今月行った調査によると、タイの同リーグファンの間で、最も人気が高いのはマンチェスター・ユナイテッドで、全体の28%。3%のマンCとは比較にならないほどの差だ。
同氏は5月、マンCの専門店を同氏一族が所有するバンコク市内のビルにオープン。当初の売り上げは1カ月当たり約40万バーツ(約120万円)だったが、9月には半分の20万バーツ(約60万円)にまで落ち込んだ。
同氏が「サッカーを政治目的に利用している」との批判を浴び続けたことも、チームの人気が伸び悩む一因になったとみられる。

update: 2008年10月24日10:16 pm