トッテナム戦寸前 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/11/21
トッテナム戦寸前

マンチェスター・シティ vs トッテナム
グアルディオラ vs モウリーニョ
そして10位のシティ vs 2位のトッテナム

いざペップとの一戦へ…モウリーニョ監督が自信を示す「より多くの解決策を備えている」
11/21(土) 17:01配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がリーグ戦についてコメントした。20日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。
21日に行われるプレミアリーグ第9節で、トッテナムはマンチェスター・Cと対戦する。これまで幾度となく名勝負を繰り広げてきたモウリーニョ監督とジョゼップ・グアルディオラ監督との対戦には、世界から多くの注目が集まっている状況だ。そんな中、取材に応じたモウリーニョ監督は、今回の一戦を前に以下のように意気込みを口にした。
「マンチェスター・Cは良いチームだが、我々もそうだ。昨シーズンの我々は負けないように振る舞っていたが、今シーズンはチームとしての姿勢が変化した。より多くの解決策を備えた素晴らしいチームになっている」
「もちろん、まだ完璧なチームと言えるわけではない。私が幸せを覚えるにはまだ早い。とはいえ、以前マンチェスター・Cと対戦したときも良いチームになっていることは確かだ。ポジティブな気持ちで試合へ臨むよ」
またモウリーニョ監督は、今週グアルディオラ監督がマンチェスター・Cと契約を延長したことについてもコメントした。
「一つ確かなのは、誰もペップの頭に銃を突きつけて契約を結ばせなかったということだ。きっと彼は残留を喜んでいるし、自分の将来への期待を抱いているだろう。私にとって彼は、常に高いモチベーションを保っているところが魅力的だ。彼の決断を嬉しく思うよ」
トッテナムのホーム『トッテナム・ホットスパー・スタジアム』で行われる今節は、果たしてどちらのチームが勝利を掴むのだろうか。

モウリーニョ、ペップ率いるマンチェスター・C戦へ「王者を目指すチームに勝ちたい」
11/21(土) 13:40配信
(Goal)

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は、チームが昨シーズンよりも成長していることを強調した。
昨年11月にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督に代わって新指揮官に就任したモウリーニョ監督。すると、好不調の波こそあったものの、ヨーロッパリーグ(EL)圏内の6位に滑り込むことに成功した。そして、2シーズン目となった今シーズン、開幕戦こそ黒星を喫するも、以降は無敗を継続して8節を終了して2位に立つなど、プレミアリーグ優勝争いへの参戦が予想されている。
そんなポルトガル人指揮官が率いるトッテナムは21日にマンチェスター・シティと対戦する。インターナショナルブレイク明け直後の大一番を前にプレスカンファレンスに臨んだ同指揮官は「我々はさらに良いチームになり、それはマンチェスター・シティも同様だ」と話し、コメントを続けた。
「彼らにはペップともう1年あり、ファンタスティックなコーチの下でプレーする選手たちともう1年ある。シティは1億5000万ポンドを移籍市場に投じた。昨シーズンの対戦(トッテナムが2-0で勝利)のとき、彼らは自分たちがチャンピオンになれないと考えていただろうが、今の彼らは戦いの中にいて、3ポイントを獲得することで4位や5位に浮上できると考えているはずだ」
「昨シーズン、我々は生き残ろうとトライしていた。そして今、このチームは異なる調子だ。我々はさらに良いチームになり、シティが相手でも我々は良い状況にいる。彼らがチャンピオンを目指していることは明らかだが、私たちは次の試合、明日の試合に勝ちたい」
「明日の相手はプレミアリーグを制し、プレミアリーグをほとんど勝ち取りかけ、10年以上もプレミアリーグの優勝を争い、完璧を極めようとしているチームだ。我々はまだ始まったばかりで、完璧には程遠いし、まだまだ満足できない。我々はパーフェクトなチームではない。以前よりも良くなっていて、毎試合をポジティブに迎え、この試合に勝つというメンタリティを持っている。それでもまだまだ道のりは長い」

【プレミア注目プレビュー】丸1年迎えたモウ・スパーズ、宿敵シティ相手に就任後初の4連勝狙う
11/21(土) 16:00配信
超WORLDサッカー!から

プレミアリーグ第9節、トッテナムvsマンチェスター・シティが日本時間21日26:30にトッテナムホットスパー・スタジアムでキックオフされる。今月20日にモウリーニョ就任丸1年を迎えたトッテナムが、指揮官の宿敵グアルディオラ監督率いるシティを相手に、就任後初となる4連勝を狙うビッグマッチだ。
モウリーニョ監督就任2年目となった今季のトッテナムは、開幕戦での黒星スタート以降、試合毎に成熟度を上げて5勝2分けの7戦無敗と好調を維持。とりわけ、直近の3試合では格下相手に苦しみながらも勝ち切る、ポルトガル人指揮官のチームらしい勝負強さを見せている。暫定ながら首位のレスター・シティ(勝ち点18)と1ポイント差の2位に順位を上げており、今節の結果次第では現体制で初となる首位浮上の可能性も出てきている。
また、昨シーズンのリーグ戦では2度の3連勝を記録も、4戦目をいずれもゴールレスドローで終えており、今回の一戦では3度目の正直での4連勝が懸かる。さらに、今節から年末にかけてはチェルシー、アーセナルとの連戦、リバプール、レスターという上位陣との苛烈な直接対決が続くため、その中でいかに連勝を継続できるかが、悲願達成に向けた重要なポイントになる。
一方、前節に昨季王者リバプールとの優勝候補本命対決を1-1のドローで終えた10位のシティ(勝ち点12)は、ここまで一度も連勝がなく波に乗り切れない状況が続く。攻守にパフォーマンスレベルはそこまで悪くないが、ストライカー陣を中心になかなかメンバーが揃わないこともあり、相手を圧倒するパフォーマンスや爆発力を欠いている印象だ。それでも、今月19日にはグアルディオラ監督が2023年までの契約延長にサインするという朗報が舞い込んでおり、心機一転を図る中でトッテナムを撃破し、ここから上昇気流に乗っていきたい。
なお、モウリーニョ監督はグアルディオラ監督との直接対決で6勝11敗6分けと分が悪いが、トッテナムの指揮官として臨んだ前回対戦では退場者を出した相手に2-0の快勝を収めている。

「代表に重圧をかけているのは誰か」「医者に聞け!」“ビッグマッチ”を前にモウリーニョとペップが舌戦!
11/21(土) 18:13配信
SOCCER DIGEST Web

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は先日、一部の選手が代表に行かないようにクラブからの重圧があると口にした。
これに反応したのが、トッテナム・ホットスパーのジョゼ・モウリーニョ監督だ。
現地時間11月21日に開催されるプレミアリーグのウインターブレイク明け初戦で、トッテナムはマンチェスター・シティと対戦する。この大一番を前にモウリーニョは、イングランド代表をケガで離脱したラヒーム・スターリングが、「試合に出場するはずだ」と述べた。
英紙『Manchester Evening News』によると、モウリーニョはトッテナムの選手たちが代表戦に出たことは「心配ない」としたうえで、「唯一の問題は、全員にとって同じであるべきということだ」と話している。
「代表に行かないように一部のクラブ監督が選手に重圧をかけているとサウスゲイトがそう言ったという記事を読んだ。それが理由で、感情的になるのをなだめ、難しい状況をコントロールするために、クラブの監督に連絡する必要を感じるともね。私としては彼にそれが誰なのかを言ってほしい。どの監督が選手に重圧をかけるのか、彼がどの監督に連絡し、話すのかをね。彼には好きな選手を招集する正しい権限があるはずだ」
続けてモウリーニョは、「もちろん、我々はスターリングが(トッテナム戦に)出場すると分かっている。先月エリック・ダイアーがケガで代表を離脱したときは、トッテナムで2試合を欠場したがね」と話した。
「ダイアーは回復に2週間を要した。そしてラヒームは明日出場だ。これらのちょっとした細部を、ガレスは全員に説明すべきだよ。それとは別に、私は代表が常にリスペクトされているイングランドのような国で彼が好きな選手を起用できるよう、完全に支持しているがね」
しかし、このモウリーニョの主張に対し、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は「代表とシティのドクターと話すべきだ」と一蹴している。
「彼は代表とシティのドクターのところに行くべきだよ。モウリーニョ自身が医者でない限りね」
現在2位と好調のトッテナムと、10位からの巻き返しを狙うシティ。カリスマ指揮官たちは、試合前から戦闘モードだ。

「ソン・フンミンを見ればわかる」OBベルバトフが今季のトッテナムに太鼓判!「シティ戦は真の優勝候補と示す機会だ」
11/20(金) 16:32配信
SOCCER DIGEST Web

インターナショナルウィークが明け、プレミアリーグでは11月21日の第9節で、トッテナム対マンチェスター・シティの注目の一戦が行われる。
ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるトッテナムは、王者リバプールと同じ勝点で2位と好調だ。一方、ジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮するシティは、1試合少ないものの10位に甘んじている。
トッテナムOBのディミタール・ベルバトフは、モウリーニョのチームを高く評価しているようだ。『Betfair』のコラムで、ベルバトフは「(シティ戦は)真剣な優勝候補であることを証明する機会」になると話している。
「ただ、トッテナムはすでにここまでのパフォーマンスでプレミアリーグの他クラブにパワフルなメッセージを発してきた。シティを倒せば、それはさらに強く響く。今シーズンは問題があったシティだが、彼らはまだ世界有数のチームだ。そのシティを倒す力がトッテナムにはある。真の優勝候補だ。レースがオープンなシーズンならなおさらだよ」
昨季のトッテナムはマウリシオ・ポチェッティーノを解任し、シーズン途中にモウリーニョを招いた。ベルバトフは「就任から1年。当時わたしはモウリーニョが成功すると支持したが、多くのファンは彼の就任に満足していなかった」と話している。
「でも、今では彼らも文句を言っていないはずだ。モウリーニョがクラブを正しい方向に向かわせていることは順位が示している。そして守備的なだけではない。今のソン・フンミンの絶好調ぶりを見るだけでも分かる」なると話している。
そのモウリーニョとグアルディオラのカリスマ指揮官対決に、ベルバトフは「魅力的だ」と続けた。
「彼らは何度か激しい雰囲気の中でやり合ってきたライバルだ。クラシコやマンチェスター・ダービーでね。だが、今回は観客がおらず、違ったものとなるだろう。言い合うことはないんじゃないかな。テレビカメラに抜かれたくないだろうからね!」
最後に、ベルバトフは「リーグ全体に真剣な優勝候補なのだと言うために、トッテナムに勝ってほしい」と古巣にエールを送った。
「タイトな試合に彼らが勝つと信じている」
注目の大一番、軍配はどちらに上がるだろうか。

update: 2020年11月21日11:13 pm