バルセロナ、再度エリック・ガルシアを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/11/02
バルセロナ、再度エリック・ガルシアを狙う

バルセロナが再度エリック・ガルシアを狙う
今季で契約満了のためフリーで獲得へ
本人もバルセロナへ気持ちが行っておりとどめるのは無理か

夏に獲得失敗も…バルサ、冬の移籍市場でE・ガルシアに再アタックか
11/2(月) 23:23配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バルセロナが来年1月の移籍市場でマンチェスター・Cに所属しているスペイン代表DFエリック・ガルシアの獲得に動くかもしれない。スペインメディア『アス』が11月2日に報じている。
今夏の移籍市場でもバルセロナはE・ガルシアの獲得に動いており、選手自身とは個人合意に達したと報じられていた。しかし、マンチェスター・Cが同選手の退団を認めることはなく、移籍は実現していなかった。
それでも、バルセロナは今冬の移籍市場で再びE・ガルシアの獲得を目指す模様だ。獲得のために800万ユーロ(約10億円)を用意していると伝えられたが、マンチェスター・Cの要求額とは開きがある模様だ。しかし、今季終了後にE・ガルシアとマンチェスター・Cの現行契約が満了となりフリートランスファーでの退団が可能となることや、同選手自身がバルセロナへの移籍を希望していることから、バルセロナには優位な立場で交渉を進められる可能性がある。
マンチェスター・Cを率いるジョセップ・グアルディオラ監督はE・ガルシアのことを重要な戦力とみなしており、同クラブへの残留と新契約の締結を希望しているという。しかし、今夏にオランダ代表DFネイサン・アケとポルトガル代表DFルベン・ディアスを獲得したことからセンターバックの人数が増えており、このことがE・ガルシアのバルセロナ行きに拍車をかけるかもしれない。果たして、ユース時代をバルセロナで過ごしたE・ガルシアは、来年の1月に古巣へ帰還することとなるのだろうか。去就に注目が集まっている。

update: 2020年11月2日11:56 pm