デ・ブライネ、メッシがシティに来ても来なくてもいい | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/10/16
デ・ブライネ、メッシがシティに来ても来なくてもいい

メッシ獲得を狙っているシティ
デ・ブライネは来たらきたでいいけど
来なくても楽しめているからいい、と

メッシのマンC移籍噂も…デ・ブライネ「僕は本当に気にしていない」
10/11(日) 4:21配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、来夏の加入が噂されるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及している。10日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。
メッシは今夏の移籍市場でバルセロナ退団を本格的に検討していたが、最終的に実現せず。しかし現行契約は来夏までとなっているため、再び退団に向けて動くようだ。そんななか、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・Cはメッシを来夏で獲得することを検討しているようだ。
マンチェスター・Cにメッシが加わればクラブにとって大きなプラスだろうが、デ・ブライネは同選手の動向を気に留めていないようだ。デ・ブライネは11日に行われるUEFAネーションズリーグのイングランド戦を前に、「正直に言うと、僕は本当に気にしていないんだ」と話している。
また、その理由については「もし彼が来てくれれば、それは良いことだ。彼が来なくても、クラブには僕が一緒にプレーを楽しむことができる選手がたくさんいる。だから、今のところは気にしていない」と話し、現在のチームに満足している様子を見せている。

メッシ加入の噂にデ・ブルイネ「正直、気にしていない。彼が来なくても…」
10/11(日) 11:34配信
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネが、来夏の加入が噂されるバルセロナFWリオネル・メッシについて言及した。『スカイ・スポーツ』が伝えている。
今夏、メッシはバルサ退団を画策し、移籍先の最有力候補として恩師のジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティが浮上していた。移籍は実現しなかったが、シティ最高執行責任者のオマール・ベラーダ氏がバルサとの契約が満了する来夏、メッシ獲得に動くことを示唆するなど、シティ加入の可能性が再び噂されている。
11日のUEFAネーションズリーグ・イングランド戦を前に、加入が噂されるメッシについて尋ねられたデ・ブライネは「正直言って、僕は本当に気にしていない」と語った。
「彼が来れば、それは良いことだ。彼が来なくても、チームには優秀な選手が十分に揃っていて、一緒に楽しんでプレーできている」
また、デ・ブルイネはシティと新契約を結ぶ予定だが、交渉はまだ始まっていないと明かしている。

update: 2020年10月16日11:20 pm