シティの16歳FWがドルトムントに移籍 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/09/26
シティの16歳FWがドルトムントに移籍

シティの16歳FWでU-16イングランド代表の
ジェイミー・バイノー=ギッテンスがドルトムントに移籍
サンチョより若くドイツへ

ドルトムントがシティの逸材を確保!16歳FWバイノー=ギッテンを獲得
9/25(金) 16:45配信
超WORLDサッカー!から

ドルトムントは24日、マンチェスター・シティのU-16イングランド代表FWジェイミー・バイノー=ギッテンス(16)の獲得を発表した。
契約期間は長期とされており、当面はU-19チームでプレーすることとなる。
バイノー=ギッテンスはシティの下部組織で、イングランド代表MFジェイドン・サンチョと同じ道を辿っている。サンチョは17歳での加入となったが、バイノー=ギッテンスは16歳での加入となった。なお、U-15、U-16のイングランド代表でプレー経験がある。
ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は「ジェイミー・バイノー=ギッテンスが加入した。彼は最初にU-19でプレーする」とコメント。「我々のスカウト部門は素晴らしい仕事をした。彼はとても才能あるウインガーであり、我々のユースチームで成長を図って行く予定だ」と溢れる才能を成長させて行きながらも、「我々としては最初から高い期待をかけていくようなしたくはない」と、プレッシャーをかけるつもりはないようだ。
ドルトムントU-19には、U-19ドイツ代表FWユスファ・ムココ(15)ら期待の若手選手も揃っており、さらに将来が楽しみな存在が増えた。

update: 2020年9月26日11:30 pm