マフレズとベイルをトレード??? | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/09/11
マフレズとベイルをトレード???

マフレズとベイルをトレード?という記事
しかしゴルフなっかのイメージのベイル
シティじゃいろいろなことで無理じゃ無いか?

レアル・マドリー、マフレズとベイルのトレードを画策か
9/11(金) 8:53配信
SPORT.es/スポルト

レアル・マドリーはガレス・ベイルが退団に応じればマンチェスター・シティのリヤド・マフレズの獲得に興味を持っているようだ。
29歳のアルジェリア人は、ペップ・グアルディオラ監督のチームで主力として活躍している。得意の攻撃面では非常に興味深い数字を残しており、多くのゴールとアシストでシチズンの右サイドから相手に穴を開ける。
マフレズは2023年6月30日まで契約しているものの、マドリーはシティと交渉に臨んでいるようだ。
仏紙『L’Equipe』によると、マドリーの代表はすでにマフレズの周囲に連絡を取っているという。同紙は、このオペレーションはベイルが退団を容認した場合のみ生じるものだとしているが、マドリーは最善策として、マフレズ=ベイルのトレードを考えていると報じた。
しかし、両選手がチームにもたらす貢献を考えれば、シティ側に応じるメリットがないことは明白である。

update: 2020年9月11日11:49 pm