メッシ来る来ないはまだまだ続く | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/09/01
メッシ来る来ないはまだまだ続く

875億円の契約解除金を払う払わない
週給2億弱で合意寸前
グアルディオラがバルセロナの街に訪問
グアルディオラとメッシ密会
メッシ、トレーニング不参加
ルーニー興奮

メッシ関連はまだまだ続く

メッシとバルサ、移籍金880億円超を巡り深まる溝 来年に“ゼロ円移籍”の可能性も
8/29(土) 16:20配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがバルセロナを退団する意向を示したことで、新シーズンに向けた移籍市場における最大の関心事となっている。そのメッシとバルサの間で、移籍金をめぐる“溝”も発生しているようだ。
2019-20シーズンを無冠で終わり、ロナルド・クーマン新監督がウルグアイ代表FWルイス・スアレスらベテラン数人を構想外としたこと、そして新監督からメッシへ“特権はない”と伝えられたことなど、積み重なった条件によってメッシが書面でクラブに退団の意向を示した。
すでに退団は既定路線となるなかで、バルセロナを基幹とする一般紙「ラ・バングァルディア」によると、メッシ自身は“自分の人生におけるクラブ”との対立が悪化することは避けたいと思っているようだ。
同紙の取材では、両者が納得できる解決策を探るために、メッシの代理人とバルサのフロンと重鎮との会議を要求しているとのこと。しかし移籍を断固として認めない方針のバルサとしては交渉に応じるつもりはなく、現状でメッシに設定している違約金の7億ユーロ(約882億円)の条件を1ユーロたりとも下げるつもりはないという。
バルサ側が翻意しない限り、メッシは2021年6月30日までクラブとの契約を残すため、天文学的な移籍金を払うことになる。その金額を支払えるクラブはオイルマネーがバックにつくマンチェスター・シティぐらいしかないと見られているが、この金額を支払う場合、シティはフィナンシャル・フェアプレー(FFP)でUEFAに処分された経緯があり、そこを考慮する必要性があると見られている。
バルサとしてはこの移籍金条項に手を挙げるクラブが現れなければ、メッシを1年残すことができる一方で、来年は“移籍金ゼロ”でメッシがクラブを去る可能性は非常に高くなる。退団は不可避と見られるなか、メッシとバルサは最善の選択肢を見つけ出せるのだろうか。

メッシ、875億円の契約解除金は無効? 有効?
8/30(日) 9:25配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

バルセロナに退団の意向を伝えたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の7億ユーロ(約875億円)とも言われる莫大(ばくだい)な契約解除金をめぐり、スペイン国内では報道が過熱している。
スペインのラジオ局カデナ・セルは29日、メッシに7億ユーロの契約解除金を支払う義務がないことを確言した。同選手は17年に最後の契約延長を行っているが、その期間は16-17年から19-20年までの3シーズンとなっており、20ー21年シーズンの1年間はオプションであるとのこと。そして、もしこのオプションの期間前に契約を破棄した場合、7億ユーロの契約解除金の支払いが必要となる一方、オプション期間内に契約を破った場合、契約解除金の支払い義務は発生しないという。すなわち、19-20年シーズンが終了した時点から契約解除金の条項は存在しないと同メディアは伝えている。
一方、スペイン紙スポルトが入手した情報によると、バルセロナはメッシの契約期間について、3年間プラス1年間のオプションではなく、4年間であるため、契約条項は完全に有効だと見なしているとのことだ。
バルセロナはこの後、30日にPCR検査を実施し、31日より新シーズンに向けたプレシーズンを開始する予定になっているが、メッシがそれに参加しないことを決定したとスペイン各紙に報じられている。(高橋智行通信員)

マンC監督、メッシ交渉バルセロナ滞在で指揮制限か
8/30(日) 8:55配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

バルセロナに退団意思を示したFWリオネル・メッシ(33)獲得のため、本人との直接会談をセッティングしたとされる同監督はスペイン・バルセロナに滞在。今週中には英国に戻る予定だが、スペインからイングランドに戻る旅行者には2週間の自己隔離が必要となる。
マンチェスターCは8月の欧州チャンピオンズリーグ出場を考慮され、9月12日の開幕には試合を免除された。今季のリーグ初戦は同21日のウルバーハンプトン戦となる。チームの主力選手たちは欧州ネーションズ・リーグ出場で各代表チームに合流しているが、残った選手たちはグアルディオラ監督不在の中で2週間のトレーニングを積むことになるだろうと伝えた。隔離となれば、開幕1週間前からのチーム指揮を余儀なくされる。
グアルディオラ監督は28日にバルセロナの飲食店に姿をみせ、滞在が確認された。スペインのTV報道では獲得を狙うメッシと直接会談したと伝えられ、クラブ側もメッシに週給140万ポンド(約1億9040万円)の破格条件を提示し、合意寸前であるとも報じられていた。

マンC監督がメッシと直接会談、合意寸前か 英紙
8/29(土) 20:50配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督(49)が、バルセロナに退団意思を示したFWリオネル・メッシ(33)と直接会談したと29日、英紙サンが報じた。
既に同監督がスペイン・バルセロナに滞在していることが確認され、スペインのテレビ「エル・チリンギートTV」の報道として、メッシと直接会うことに成功したと伝えた。既に2人は電話で連絡を取り合っているとされていた。またマンチェスターCはメッシに週給140万ポンド(約1億9040万円)の破格条件を提示し、合意寸前であるとも報じた。

ペップがバルセロナ市内を訪問…メッシや古巣関係者と接触?
8/29(土) 19:54配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、スペイン・カタルーニャ州の州都バルセロナを訪れているようだ。
バルセロナにある中華料理店『Kao Dim Sum』のSNSは28日、店の関係者と思しき人物がグアルディオラ監督と店の外で肩を組む写真を公開。スペインのTV番組『El Chiringuito』は同日、故郷を訪れているグアルディオラ監督が、古巣バルセロナの関係者や同クラブからマンチェスター・Cへの移籍が噂されるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと話し合った可能性があると伝えた。
バルセロナが転換期を迎え、今夏の退団が取り沙汰されるようになった33歳のメッシ。2021年6月30日までとなっている現行契約には、6億2600万ポンド(約876億円)の契約解除金が設定されているが、その中にはメッシ側の意思で契約を一方的に解除できる条項が存在する模様。先日には、同選手がクラブに対して送ったとされる、条項の行使を求める文書も流出していた。
メッシの移籍先にはパリ・サンジェルマンやインテル、ユヴェントスの名前も挙げられているが、現時点ではマンチェスター・Cが第一候補の模様。同選手の父ホルヘ氏は先日、マンチェスターに滞在している姿が目撃されていた。

渦中の2人が密会? メッシ「僕はペップと話をして彼に…」
8/29(土) 23:00配信
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が現在、バルセロナ市内に滞在していることが分かった。イギリス『ザ・サン』はスペイン『エル・チリンギートTV』の報道を基に、バルセロナからの移籍が噂されるFWリオネル・メッシとの直接会談の可能性を指摘している。
スペイン『エル・チリンギートTV』の公式ツイッター(@elchiringuitotv)は29日、「グアルディオラはバルセロナにいます。 市内で夕食をお楽しみください…」とつづり、1枚の写真を投稿。そこにはバルセロナ市内の中華料理店の関係者と思われる人物とグアルディオラ監督のツーショットが収められている。シティ指揮官のバルセロナ訪問の目的が、メッシとの会談にあるとみられているようだ。
すでにメッシとグアルディオラ監督は、イングランドでの再会について電話で話し合っているとも伝えられている。
また、イギリス『ザ・サン』はアルゼンチン『ラ・ナシオン』の報道として、メッシが友人たちに「僕はペップと話をして、彼が僕のシティ移籍を手配してくれるようにするつもりだ。シティのフットボールは素晴らしい」と明かしたことを紹介した。
直接会談が事実であれば、交渉が一気に進展する可能性もある。同紙によれば、シティとメッシは年俸、移籍金、ボーナス、肖像権で構成された週140万ポンド(約1億9700万円)相当の個人契約で合意に近づいているという。

メッシ、バルサの練習不参加の意向 マンCは獲得に自信 米報道
8/30(日) 9:46配信
デイリースポーツ

スペインリーグ1部バルセロナの退団の可能性が浮上しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が、クラブに対して30日に実施される選手のための新型コロナウイルス検査や31日のプレシーズン・トレーニングに参加しない意向を伝えた、と29日(日本時間30日)、米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。
同サイトによると、メッシは21年まで契約を残すバルサに対して25日に退団の意思を表示。メッシの弁護団はクラブとの契約に盛り込まれている、指定された期限内に退団を申し出た場合の契約解除金7億ユーロ(約870億円)の免除される条項を行使したと主張しているが、クラブ側は同条項の有効期限は6月に切れているとし、両者の言い分に食い違いが生じているという。
同サイトは、バルサが15日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルンに2-8と大敗した後、メッシが英プレミアリーグの強豪マンチェスターシティー(マンC)のペップ・グアルディオラ監督と今夏の移籍に向けて電話で話し合ったとも報道。08年から12年までバルサで師弟関係にあった2人が接触しているだけでなく、マンCの幹部が連日、メッシの代理人でもある実父のホルヘ氏らと連絡を取り合っており、移籍する場合は『1択』に自信を見せているという。
メッシ陣営はCL敗退前からクラブに不信感を抱いており、バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はメッシ残留のために辞任する意向を示しているとも伝えており、今後の動向が注目されている。

「メッシがマンCとサインする以上に有益」 ルーニーが“脅威の契約”を断言「命運を分ける」
8/30(日) 8:50配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

バルセロナのリオネル・メッシはクラブに退団の意思を通告したとして全世界で衝撃を巻き起こしており、新天地はマンチェスター・シティが筆頭に挙げられている。一方、元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、欧州王者の原動力となったスペイン人司令塔に脅威を感じているようだ。英紙「talkSPORT」が伝えている。
メッシは下部組織時代から約20年間にわたり、バルセロナ一筋でプレー。数多くのタイトルをもたらしてきたが、現地メディアはメッシ本人が退団の意思を通告したと報じた。そのなかで、恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティが新天地候補の筆頭として有力視されている。
一方、今年1月からイングランド2部ダービー・カウンティに在籍しているルーニーは、新シーズンは「シティとリバプールの一騎打ちとなる」と予想しつつ、リバプールへ加入目前と報じられているバイエルン・ミュンヘンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの存在を脅威に感じているようだ。
「もしリバプールがバイエルンからチアゴを獲得することになれば、命運を分けることになると思う。メッシがシティと契約する以上に有益なサインとなってしまうだろう。もちろん、メッシにはすべてが備わっているけどね。ゴールを生み出し、ゴールを決め、試合を支配することができる。史上最高の選手だよ」
チアゴはバイエルンで絶対的なゲームメーカーとして、2012-12シーズン以来のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を含む三冠の原動力となっていた。しかし、新たな挑戦を求めて今夏での退団が決定的となっており、リバプール移籍が目前と報じられている。
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるルーニーにとって、シティとリバプールは宿敵にあたる。メッシのシティ行き以上に、チアゴがリバプールで強力3トップの舵取りとなるケースをより脅威に感じているようだ。

「メッシよりチアゴの方がいい補強」ルーニーの大胆発言が話題!「リバプールのタイトルは決まりだ」
8/28(金) 15:57配信
SOCCER DIGEST Web

この人らしい大胆な発言と言えるかもしれない。
現地時間8月27日、イングランド2部のダービーに所属するウェイン・ルーニーが英メディア『TalkSport』で、バルセロナを退団する意向を表明したリオネル・メッシについて語った。
周知の通り、バルサに三下り半を突きつけたメッシには、ルーニーの古巣であるマンチェスター・ユナイテッドやその宿敵マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンなどが獲得に興味を示している。
元イングランド代表のエースは、「メッシはもうベテラン(33歳)だけど、これまで誰も見たことがないような選手だ」と語り、プレミアリーグの舞台でも成功できると太鼓判押した
「メッシは唯一無二のプレーヤーだ。彼にはすべてがある。ゴールチャンスを作り出し、得点を決め、ゲームを支配することができる。史上最高の選手だ。ブルーノ・フェルナンデスやケビン・デ・ブルイネとともにプレーしたら、7度目のバロンドールも勝ち取れる」
だが、その“史上最高の選手”よりも、リバプールへの移籍が取り沙汰されるスペイン代表MFの補強の方が効果的だと考えているようだ。新シーズンのプレミアリーグを占う話題のなかで、こうコメントしている。
「(優勝争いは)シティかリバプールだろう。リバプールがバイエルンからチアゴ(・アルカンタラ)を獲得すれば、タイトルは決まりだ。シティがメッシを獲るよりいい補強だ」
プレミア王者とチアゴは相思相愛で、あとはバイエルンとの移籍金交渉次第と見られている。ともにバルサのカンテラ(下部組織)で育った2人の名手がイングランドに渡るのか。その動向から目が離せない。

update: 2020年9月1日9:13 am