監督意味のない代表戦に怒る | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2008/11/21
監督意味のない代表戦に怒る

メンバーの中心が南米の選手のクラブの宿命というか
しかし定期的に集めないとこれもだめだし難しい

マンチェスター・シティを指揮するマーク・ヒューズ監督は、11月に行われる国際親善試合が意味のないものだと考えている。同クラブは、ブラジル代表のFWロビーニョとMFエラーノが今回の代表ウィークで長距離移動を強いられた。
シティは週末のリーグ戦はもちろんのこと、翌週ミッドウィークにはUEFAカップを戦わなければならない。ヒューズ監督は以下のように述べた。
「私は、この代表戦がカレンダーから取り除くことができるものだと思う」
「しばらく代表戦がないこの時期に親善試合を行うことに疑問を持つべきだ。この代表ウィークから監督たちが学ぶことは多くないだろう」
「どんな代表監督も選手たちを見る機会は大切に思う。しかし、いつもしっかりと集まらず、それほどいいプレーはない。この代表ウィークの価値が問題となっているんだ」Goal

update: 2008年11月21日8:11 pm