シルバ、移籍先候補にラツィオ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/07/29
最終更新日:2020/07/30
シルバ、移籍先候補にラツィオ

今シーズンでシティを去るシルバ
移籍先はまだ決まっていない
もう神戸は難しいか?ラツィオが浮上

ダビド・シルバ ラツィオに移籍が浮上
7/29(水) 10:32配信
(スポニチアネックス)

Jリーグ入りも噂されたマンチェスターCの元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)が来季、セリエAの強豪ラツィオに移籍する可能性が浮上した。スペインのAS紙が報じた。
ダビド・シルバは今季限りで契約が満了するマンチェスターC退団を既に表明。移籍金がかからないフリートランスファー選手として去就が注目され、中東や米MLSなどからオファーが舞い込んでいた中、ここ最近になってラツィオが急浮上した。イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙によれば、交渉成立には高額な年俸問題など、まだ詰めるべき詳細は多いようだが、シルバ自身が欧州チャンピオンズリーグ出場に意欲的ということもあり、交渉がまとまる可能性は十分にあるという。一部ではシルバは既にラツィオが本拠地を置くローマ入りし、ラツィオのフロントと会食したとの情報もある。
シルバは左利きの世界的ドリブラーだ。長きにわたりスペイン代表でも活躍し、08、12年と2度の欧州選手権優勝に貢献。10年W杯南アフリカ大会では現神戸のイニエスタらとともに、母国初Vのメンバーとなった。今季限りでのマンチェスターC退団が決まり、神戸、札幌、FC東京を始めJリーグ入りの噂もあった中、シルバは引き続き欧州でプレーする可能性が高そうだ。

シティ退団のダビド・シルバ、ラツィオと交渉中? 双方に合意意志あり
7/29(水) 13:00配信
超WORLDサッカー!から

マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)に対して、ラツィオが関心を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。
2010年夏からプレーするシティを今シーズン限りで退団するシルバ。新天地として日本上陸や、すでにオファーを提示しているというアル・アハリや、アル・ナスルなどアジア地域が浮上している。
移籍先が注目されているなか、『アス』によれば、ラツィオは20日からシルバ側と交渉を行っているとのこと。そして、双方に合意する意思があるようだ。
また、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保しているラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、プロジェクトを進めたいと思っているとのこと。その上で、戦力としてシルバの獲得を熱望しているとのことだ。
ラツィオでプレーとなれば、見慣れた色のユニフォームを着ることとなるシルバ。果たして新天地はどこになるだろうか。

今季限りでマンC退団のD・シルバ、新天地はラツィオに? 先週から交渉中
7/29(水) 11:13配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ラツィオは、マンチェスター・Cに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバの獲得に関心を示しているようだ。28日、スペイン紙『アス』が報じた。
現在34歳のD・シルバは、2010年夏にバレンシアからマンチェスター・Cに加入。4度のプレミアリーグ制覇などクラブの成功と発展に大きく貢献してきたが、今シーズン限りでの退団を決意し、8月に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントがマンチェスター・Cでの最後の戦いとなる。
D・シルバの去就は、今夏の移籍市場における一つのメイントピックスになっている。ベテランとの契約締結には多くのクラブが関心を示しており、UAEのアル・アハリやアル・ナスル、MLSのインテル・マイアミ、トルコのガラタサライなどの名前が候補に挙げられている。
そんななか、今季のセリエAで躍進し、来季のチャンピオンズリーグ参戦が決まったラツィオもD・シルバの獲得に関心を示している模様。とくに、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、同選手がプロジェクトに加わることを望んでいるようだ。『アス』の報道によると、両者は20日から交渉を行なっており、双方に合意の意志があるという。果たして、稀代のプレイメーカーはイタリアでも“ビアンコチェレスティ”(水色)のユニフォームを身にまとうことになるのだろうか。

ダビド・シルバ ラツィオに移籍が浮上
7/29(水) 10:32配信
(スポニチアネックス)

Jリーグ入りも噂されたマンチェスターCの元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)が来季、セリエAの強豪ラツィオに移籍する可能性が浮上した。スペインのAS紙が報じた。
ダビド・シルバは今季限りで契約が満了するマンチェスターC退団を既に表明。移籍金がかからないフリートランスファー選手として去就が注目され、中東や米MLSなどからオファーが舞い込んでいた中、ここ最近になってラツィオが急浮上した。イタリアのガゼッタ・デロ・スポルト紙によれば、交渉成立には高額な年俸問題など、まだ詰めるべき詳細は多いようだが、シルバ自身が欧州チャンピオンズリーグ出場に意欲的ということもあり、交渉がまとまる可能性は十分にあるという。一部ではシルバは既にラツィオが本拠地を置くローマ入りし、ラツィオのフロントと会食したとの情報もある。
シルバは左利きの世界的ドリブラーだ。長きにわたりスペイン代表でも活躍し、08、12年と2度の欧州選手権優勝に貢献。10年W杯南アフリカ大会では現神戸のイニエスタらとともに、母国初Vのメンバーとなった。今季限りでのマンチェスターC退団が決まり、神戸、札幌、FC東京を始めJリーグ入りの噂もあった中、シルバは引き続き欧州でプレーする可能性が高そうだ。

今季限りでマンC退団のD・シルバ、新天地はラツィオに? 先週から交渉中
7/29(水) 11:13配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ラツィオは、マンチェスター・Cに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバの獲得に関心を示しているようだ。28日、スペイン紙『アス』が報じた。
現在34歳のD・シルバは、2010年夏にバレンシアからマンチェスター・Cに加入。4度のプレミアリーグ制覇などクラブの成功と発展に大きく貢献してきたが、今シーズン限りでの退団を決意し、8月に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントがマンチェスター・Cでの最後の戦いとなる。
D・シルバの去就は、今夏の移籍市場における一つのメイントピックスになっている。ベテランとの契約締結には多くのクラブが関心を示しており、UAEのアル・アハリやアル・ナスル、MLSのインテル・マイアミ、トルコのガラタサライなどの名前が候補に挙げられている。
そんななか、今季のセリエAで躍進し、来季のチャンピオンズリーグ参戦が決まったラツィオもD・シルバの獲得に関心を示している模様。とくに、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、同選手がプロジェクトに加わることを望んでいるようだ。『アス』の報道によると、両者は20日から交渉を行なっており、双方に合意の意志があるという。果たして、稀代のプレイメーカーはイタリアでも“ビアンコチェレスティ”(水色)のユニフォームを身にまとうことになるのだろうか。

update: 2020年7月29日12:03 pm