グアルディオラに契約延長オファーへ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/07/20
グアルディオラに契約延長オファーへ

FFP問題をクリアし主力選手
そしてグアルディオラと契約延長のオファーができるように。
いつまで伸びるか

マンCがグアルディオラ監督に新契約提示か 地元紙
7/14(火) 15:34配信
日刊スポーツ : nikkansports.com

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーは、就任4年目となったジョゼップ・グアルディオラ監督(49)に長期の契約延長を提示したと13日、英紙ミラーが報じた。
今季は年俸2000万ポンド(約28億円)で契約している最終年。欧州サッカー連盟(UEFA)から科されていたUEFA主催大会への2シーズン出場禁止処分がスポーツ仲裁裁判所によって取り消され、来季以降の欧州チャンピオンズリーグも可能に。それを受け、クラブ首脳陣がグアルディオラ監督に条件提示したという。以前は5年契約を提示していると報じられていた。

処分撤回のマンC、“名将”グアルディオラ監督に長期の契約延長オファーを提示
7/14(火) 8:20配信
フットボールチャンネル

2年間のUEFA主催大会出場禁止を免れたマンチェスター・シティが、チームを率いる49歳のジョゼップ・グアルディオラ監督に対して新契約を提示したようだ。13日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。
シティは過去にファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規定に関する重大な違反を犯したとして、今年2月に欧州サッカー連盟(UEFA)から2年間のUEFA主催試合出場禁止および罰金の処分を下されていた。クラブは不正行為を否定して処分を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴。
そして、現地時間13日にCASはシティに対するUEFA主催大会出場禁止処分を無効とする裁定を下している。また、罰金の金額も当初の3000万ユーロ(約36億円)から1000万ユーロ(約12億円)へと大幅に減額された。この決定を受け、同紙によると、シティがグアルディオラ監督に対して長期の契約延長オファーを提示したようだ。

update: 2020年7月20日11:34 pm