来季もCL出場可能!裁判所はシティの主張を認める | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/07/13
来季もCL出場可能!裁判所はシティの主張を認める

2012〜2016年にかけてスポンサー収入の水増しで
ファイナンシャル・フェアプレー規則違反
シティはスポーツ仲介裁判所へ訴え裁判所はシティの主張を認める

チャンピオンズリーグ2シーズン出場停止
35億円の罰金になりそうだったものが
罰金も35億円から12億円に減額

グアルディオラが出て行く、主力選手も出ていく
シティも崩壊なんてことも考えられたがこれで大丈夫

マンC来季欧州CL出場へ、2年間の停止処分取り消し
7/13(月) 19:13配信
(日刊スポーツ)

スイス・ローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーの欧州の国際大会への2年間の出場停止処分を取り消した。ロイター通信によると、この決定でマンチェスターCは来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)への出場が可能になった。
欧州サッカー連盟(UEFA)は2月14日にマンチェスターCが財務規則「ファイナンシャル・フェアプレー」に抵触したとして、来季から2シーズンにわたり欧州CLなどのUEFA大会への出場を禁止すると発表していた。UEFAのクラブ財務管理機関の裁定部門が調査した結果、2012~16年にスポンサー収入を過大に計上していたと判断し、罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分も科していた。だが、マンチェスターCはこの裁定を不服とし、CASに提訴していた。

マンCのCL出場可能に CASがUEFA処分破棄
7/13(月) 18:32配信
(共同通信)

【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、欧州サッカー連盟(UEFA)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに科した、欧州チャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への2シーズン出場禁止とする処分を取り消すと発表した。これにより来季以降も欧州CLへの出場が可能となる。
マンチェスターCはスポンサー収入を過大に計上したとしてUEFAの財務規則「ファイナンシャル・フェアプレー」に抵触したと判断されたが、処分を不服として提訴していた。

マンCの欧州大会除外処分が無効に、来季CL出場可
7/13(月) 18:25配信
AFP BB

【AFP=時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、欧州サッカー連盟(UEFA)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)に科していた2年間の欧州大会出場禁止処分について、無効とする裁定を下した。
これにより、来季の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2020-21) に出場可能となったシティはコメントを発表し、「クラブの立場の正当性を立証するものとして、本日の裁定から導かれる結果と、提示された証拠を歓迎する」と記した。【翻訳編集】 AFPBB News

マンチェスター・C、来季もCLの舞台に!! 2年間のUEFA主催大会出場禁止処分を覆す
7/13(月) 18:21配信
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティの来季UEFAチャンピオンズリーグ参戦が可能となった。英『BBC』が報じている。
2012~16年にかけてのスポンサー収入の水増しが発覚したマンチェスター・C。UEFAからファイナンシャル・フェアプレー規則(FFP)に抵触したとして、来季から2シーズンにわたるUEFA主催大会への出場禁止と、罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を科された。しかし、マンチェスター・Cはこの裁定を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴していた。
『BBC』によると、CASは「UEFA主催大会への出場禁止を課すのは適切ではなかった」と説明し、マンチェスター・Cは来季もUEFA主催大会への出場が可能に。また、罰金は3000万ユーロから1000万ユーロ(約12億円)と減額されている。
マンチェスター・Cは今季のプレミアリーグで2位を確定させているため、来季もUEFAチャンピオンズリーグの舞台に立つことが決定した。

マンC 来季も欧州CL出場へ UEFAの主要大会除外処分無効
7/13(月) 18:32配信
(スポニチアネックス)

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、欧州サッカー連盟(UEFA)の財務規則「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)」に抵触したとして、UEFAの主要大会から2シーズン除外する処分を不服としたマンチェスター・シティー(イングランド)の訴えを認めた。
2月にUEFAが科した処分は無効となり、イングランド・プレミアリーグで今季2位以上が確定しているマンチェスターCは来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場が可能となった。
UEFAはクラブ財務管理機関の裁定部門が調査した結果、マンチェスターCが2012~16年にスポンサー収入を過大に計上していたと判断し、欧州カップ戦の2シーズン出場停止と罰金3000万ユーロ(約36億円)の処分を科した。マンチェスターCは処分を不服としてCASに提訴していた。
CASは聴聞会などを経て、マンチェスターCはFFPに違反していなかったとの判決を下した。ただし、UEFAの調査に協力的でなかっとして罰金については1000万ユーロ(約12億円)の支払いを命じた。

FFP違反で出場禁止処分のシティ、異議申し立てが通り来季のCL出場へ
7/13(月) 18:02配信
超WORLDサッカー!から

チャンピオンズリーグ(CL)の出場停止処分が下されていたマンチェスター・シティだったが、来シーズンの出場が可能となったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。
シティは今年2月、欧州サッカー連盟(UEFA)のクラブ財務管理機関(CFCB)によって、2012~2016年にかけたスポンサー収入の水増しによるFFP抵触の重大な違反を主張。来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止と3000万ユーロ(約36億2000万円)の罰金処分を科しされていた。
しかし、この処分に納得がいかないシティはスポーツ仲裁裁判所(CAS)にすぐさま異議申し立て。先月上旬にビデオ会議でCASの審理が行われていた。
13日になり、CASの判決が発表。シティは2020-21シーズンのCLに出場することが可能となった。
ジョゼップ・グアルディオラ監督も、11日に行われたブライトン&ホーヴ・アルビオン戦後に「今日、我々は1つの驚くべき課題を達成した。数字上は、チャンピオンズリーグ出場の資格を得た」とコメントしていた。
シティはこの判決を受け声明を発表。「マンチェスター・シティと法律の顧問は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)による完全な判決をまだレビューしていません。しかし、クラブはクラブの立場の検証として、この判決をプレゼントと捉えます。クラブは、メンバーの勤勉さと彼らが実施したプロセスに感謝します」とし、処分が撤回されることになったことを喜んだ。

マンC、来季のCL追放を免れる! CASがUEFAの下した2年間の大会出場禁止処分を覆す
7/13(月) 19:00配信
SOCCER DIGEST Web

現地時間7月13日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)に違反したとされるマンチェスター・シティへの欧州サッカー連盟(UEFA)による制裁処分に関して声明を発表した。
事の発端は、今年2月だ。マンチェスター・CはUEFAから「FFPに関する重大な違反を犯した」として2年間のUEFA主催大会出場禁止と3000万ユーロ(当時約36億円)の罰金処分を言い渡されたのだ。
主張の内容は、2012年から2016年にかけて提出した損益報告書におけるスポンサー収入の水増しを行なったというもので、マンチェスター・C側が捜査に非協力的だったことも言及された。
当然、UEFAの主張を不服としたシチズンズ(マンチェスター・Cの愛称)は猛反発。即座にCASへ提訴していた。
6月には3日間にわたる関係者へのヒアリングが実施されるなど、慎重な審議が重ねられた結果、CASは「FFPの違反に対する捜査に非協力的だったというだけでのUEFAの主要大会参加を禁止するのは不適切である」とUEFAの裁定を覆す声明を発表。さらに罰金額も3000万ユーロ(約36億円)から1000万ユーロ(約12億円)に減額するとした。

シティ、来季CL出場が可能に CASが処分撤回…クラブ声明「本日の判決を歓迎します」
7/13(月) 18:43配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

欧州サッカー連盟(UEFA)は、今年2月にマンチェスター・シティに対して、重大なファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則違反があったとして、2年間のUEFA主催大会への出場禁止を言い渡した。これに対してシティは、スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ不服を申し立てていたが、判決の結果、シティは来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場が可能となる見通しだ。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。
CASはUEFAの処分を不適切とし、シティのUEFA主催大会への出場禁止処分を無効とした。また罰金についても、3000万ユーロ(約36億円)から1000万ユーロ(約12億円)に軽減されることが発表されている。
シティは声明を発表し、「クラブは、クラブの立場、そして検証できる証拠を提示できたことより、本日の判決を歓迎します」としている。
シティは今季のプレミアリーグで2位を確定している。仮にシティへの処分が確定していれば、来季のCL出場権はリーグで5位となったクラブに渡る予定だった。
今季のCLでも勝ち上がっているシティは、ラウンド16の第1レグでレアル・マドリードに2-1で勝利。そのまま駒を進めた場合、準々決勝ではユベントスかリヨンの勝者と対戦するが、来季に向けて朗報が舞い込んだ形だ。

マンCの来季CL出場が決定…CASがUEFAの処分を棄却し約12億円の罰金のみに
7/13(月) 18:38配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、マンチェスター・Cのファイナンシャル・フェアプレー規則違反に対し声明を発表した。
UEFAは2月に、マンチェスター・Cが2012年から2016年にかけて提出した損益報告書で「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反していた」と発表。同クラブに「2020-21、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への参加禁止」と「3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金」処分を科し、マンチェスター・Cは同月26日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に仲裁を求めて控訴していた。
CASは公式リリースを掲載。「マンチェスター・CがUEFAクラブ財務管理機関(CFCB)の調査に協力しなかったことに関し、調査の結果UEFAの大会への参加禁止は適当ではない」として「マンチェスター・CはUEFAに対し1000万ユーロ(約12億円)を支払わなければならない」と発表した。
マンチェスター・Cはクラブ公式サイトで「マンチェスター・Cとその顧問弁護士はまだCASによる判決のレビューを行っていないものの、クラブの立場と証拠の立証を認める今日の裁定を喜ばしく思う。当クラブは、委員会メンバーの勤勉さと委員会が取り仕切るデュープロセスに感謝します」と声明を発表している。

マンC、2年間の欧州大会出場禁止処分撤回!スポーツ仲裁裁判所が判決
7/13(月) 17:57配信
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティに対する2年間の欧州大会出場禁止の処分はスポーツ仲裁裁判所(CAS)により撤回され、シティは来季チャンピオンズリーグ(CL)に出場できる見通しとなった。
シティは過去にファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規定に関する重大な違反を犯したとして、今年2月に欧州サッカー連盟(UEFA)から2年間のUEFA主催試合出場禁止および罰金の処分をくだされていた。クラブは不正行為を否定して処分を不服とし、CASへの上訴を行っていた。
CASは13日に、シティに対するUEFA主催大会出場禁止処分を無効とする裁定を下したことを発表した。罰金処分は維持されるが、当初の3000万ユーロ(約36億円)から1000万ユーロ(約12億円)へと大幅に減額されることが決定された。
現在プレミアリーグで2位に位置するシティは、残り3試合で3位のチェルシーに12ポイント差をつけており、2位フィニッシュが確定している。CASの裁定により、優勝したリバプールに続いて来季のCL出場権獲得が確定したことになる。
シティが来季CL出場を禁じられれば、プレミアリーグ5位のチームが繰り上げで出場権を獲得することが見込まれていた。接戦の3位・4位争いを演じているチェルシー、レスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドなどは、5位ではなく4位以内の確保を目指すことが必要な状況となる。

マンチェスター・シティへの処分は撤回、罰金12億円のみで来季もCL出場へ
7/13(月) 17:46配信
SPORT.es/スポルト

13日、マンチェスター・シティの欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会出場禁止が取り消されたことがスポーツ仲裁裁判所(CAS)から発表された。
今年2月、シティに2012年から2016年の間に同クラブにファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の“重大な違反”があったと指摘。これで2度目の違反となり、2年間のUEFA主催大会出場禁止と3,000万ユーロ(約36億円)の罰金処分が科されるとされていた。
しかし、この処分を不服としたシティは、即座にCASに処分撤回を求めて訴えを起こした。6月上旬にこの処分に関する会議が行われ、同裁判所の判断は現地時間13日10時30分に発表されることが決まっていた。
そして今回、異議申し立てが認められ、2年間のUEFA主催大会への出場が禁止が撤回。マンチェスター・シティは罰金1,000万ユーロ(約12億円)が科されるのみで、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に来季も問題なく出場できることが決まった。

マンチェスター・シティ、CL参戦可能に! UEFAによる2年間の出場禁止処分をCASが覆す
7/13(月) 17:42配信
(Goal)

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、欧州サッカー連盟(UEFA)によるマンチェスター・シティへの処分に関して声明を発表した。
マン・Cに関しては今年2月、UEFAにファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の“重大な違反”があったとして、2年間のUEFA主催大会出場禁止と3000万ユーロ(当時約36億円)の罰金処分を言い渡された。
UEFA側の主張は、マン・Cが2012年から2016年にかけて提出した損益報告書におけるスポンサー収入の水増しによるFFP違反。さらに、マン・Cは調査に非協力的だったとされていた。
これを不服としたマン・Cは、同月にCASへ提訴。6月には3日間にわたってヒアリングが実施され、審議が進められてきた。そしてCASは13日、公式声明で、「UEFAクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関の調査に非協力だったことでUEFAの大会参加を禁止するのは不適切である」と発表。UEFAの裁定を認めない判決を下した。さらに罰金は3000万ユーロから1000万ユーロに減額されている。
なお、マン・Cは今季、既にプレミアリーグ2位でのフィニッシュが確定済み。プレミアリーグでは4位以上のチームに来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられることになっている。

「FFPは死んだ」。マンCの処分撤回に厳しい声続出。ペップはスタッフと歓喜
7/13(月) 20:45配信
フットボールチャンネル

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は現地時間13日、マンチェスター・シティに対する2年間の欧州大会出場禁止処分の撤回を決めた。これにより、シティは来季のチャンピオンズリーグに出場できる見通しとなっているが、この決定に疑問を抱く声が噴出している。英『スカイ・スポーツ』などが伝えた。
シティは過去にファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規定に関する重大な違反を犯したとして、今年2月に欧州サッカー連盟(UEFA)から2年間のUEFA主催試合出場禁止および罰金の処分をくだされていた。クラブは不正行為を否定して処分を不服とし、CASへの上訴を行っていた。
スポーツ仲裁裁判所は、シティの主張を大筋で認め、処分の撤回を決定した。この知らせを受けて、ジョゼップ・グアルディオラ監督はスタッフと喜んでいた模様。指揮官の右腕であるマネル・エスティアルテ氏がその様子を自身のインスタグラムで投稿したため発覚している。ただ、この投稿はすぐに削除された。
一方で外部の反応は冷ややかなものが多い。
ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、「スタンダードに達していない。スイスは素晴らしい仲裁の歴史を持つ国だが、我々はCASがサッカーの制度を裁くのに適切な組織であるか再び評価しなければいけない」と話したとのことだ。
英『デイリー・メール』は、SNS上に「FFPは死んだ」というリアクションがあることも伝えている。
2年間のチャンピオンズリーグ出場禁止が確定すれば、主力の大量放出もあり得たとみられるシティ。罰金額も3000万ユーロ(約36億円)から1000万ユーロ(約12億円)に減額されており、大きなダメージを受けずに済んだ形だ。
それだけに、周囲の反応も厳しいものとなっているのかもしれない。

ランパード監督が来季CL出場権獲得したマンCにコメント「この件に関しては中立的」
7/13(月) 23:07配信
SOCCER KING
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が試合前の会見に臨み、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からの裁定を受けたマンチェスター・Cについてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。
欧州サッカー連盟(UEFA)は2月に「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反していた」と発表。同クラブに「来シーズンから2季に渡るチャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への参加禁止」と「3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金」処分を科し、マンチェスター・Cは同月26日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に仲裁を求めて控訴していた。13日、CASは公式リリースを掲載し。UEFAの訴えを棄却。調査に協力しなかったことに対して「マンチェスター・CはUEFAに対し1000万ユーロ(約12億円)を支払わなければならない」と発表した。
マンチェスター・Cは現在2位につけており、チャンピオンズリーグ出場権をすでに確定。UEFA主催大会からの締め出しを受けた場合マンチェスター・Cを除く3チームまで出場できるようになり、枠が5位までとなった。そプレミアリーグ第36節ノリッジ戦を前に公式会見に出席したランパード監督はこれを受けてマンチェスター・Cについて次のようにコメントした。
「私はこの件に関しては中立的な立場だ。この件については詳しいことは何も知らない。今朝はみんなと同じように結果を聞いただけだよ。勝利して次のシーズンのチャンピオンズリーグ(出場権)を勝ちとれるか確かめたいだけだ。他のチームがどうと期待していたわけではない。私たちは、自分自身についてのみ考えている」

マンチェスター・Cの処分が13日発表…どうなる? UEFAのFFP違反を受けて
7/13(月) 10:00配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cのチャンピオンズリーグ(CL)をはじめとする欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会の出場可否をめぐる処分について、13日の月曜日に判断が下される。12日にイギリスメディア『BBC』が報じている。
UEFAは2月に、マンチェスター・Cが2012年から2016年にかけて提出した損益報告書で「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反していた」と発表。同クラブに「2020-21、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への参加禁止」と「3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金」処分を科していた。
マンチェスター・Cは同月26日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴。そして13日、6月に行われた3日間の控訴審の評決が発表される。10日にはマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は容疑が晴らされることに自信を示していた。
もちろん処分の可能性として一かゼロかではなく、減刑や一部出場停止などの処分となる可能性もある。『BBC』は損益報告書の問題が意図的なものなのか単に技術的なものなのか、そういった点も判断基準になるであろうとしている。
マンチェスター・Cの処分は契約中の監督や選手の去就だけにとどまらず、他のチームのCL・ヨーロッパリーグ(EL)出場権などにも影響を与える。イングランドでも圧倒的な強さを見せるマンチェスター・Cがどのような処分を受けるのか、注目が集まる。

2位確定も13日の判断次第では2年CL出場禁止…ペップ「選手たちには出場する資格がある」
7/12(日) 19:20配信
(Goal)

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、選手たちがチャンピオンズリーグ(CL)出場に値すると称えている。
11日に行われたプレミアリーグ第35節で、ブライトンに5-0と大勝したマンチェスター・C。勝ち点を72まで伸ばし、2位の座を確定させた。
しかし、マンチェスター・Cはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)への“重大な違反”があったとして、2年間のUEFA主催大会への出場禁止処分を言い渡されている。これを不服としたクラブがスポーツ仲介裁判所(CAS)に訴え、13日にも判断が下されることになる。
試合後グアルディオラ監督は『スカイスポーツ』に対し、「今夜の結果、レベルのすべてに満足している」とコメント。そして、選手たちはCL出場に値するとの見解を述べた。
「我々は今良い状態にあり、プレミアリーグの最後の試合、そしてCLでプレーする準備はできている。(第33節)サウサンプトン戦の結果(0-1)は忘れてしまったが、信じられないほど良いプレーだった。フットボールは時に奇妙なもの。ただ単に、あそこでは得点できなかっただけだ。今日はそれが実現できた」
「CL出場権を獲得したが、これはクラブにとって最低条件だった。ここの選手たちは過去6~7年の間成し遂げてきたけどね。ピッチ上で勝利を収め、月曜日にはUEFAが来季の出場を許可してくれることを願っている。選手たちはCLに出場する資格があるんだ」

update: 2020年7月13日11:51 pm