ジェズスに新契約で引き留める | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/05/17
最終更新日:2020/05/18
ジェズスに新契約で引き留める

ユヴェントスに移籍という噂も出るジェズス
しかしファイナンシャル・フェアプレー違反で
CL出場が危うく出て行ってしまうかもしれない
ジェズスを週給1560万円で引き留めにかかる

ジェズスの移籍阻止へ。マンCが新契約を準備か? 2年間CL参加禁止で選手流出の可能性
5/16(土) 20:40配信
フットボールチャンネル

23歳のブラジル代表FWガブリエル・ジェズスの移籍を阻止するため、マンチェスター・シティが新契約を準備しているようだ。15日に英紙『サン』が報じている。
今年2月、2012年から2016年に欧州サッカー連盟(UEFA)にシティが提出したファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する書類で「重大な違反を犯した」ことが確認されたとして、UEFAがシティに対し3000万ユーロ(約36億円)の罰金処分と、2020/21シーズンと2021/22シーズンの2年間に対するUEFA主催大会参加禁止の処分を下していた。
処分を不当と考えるシティはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴しているが現時点で決定は覆っていない。所属選手にとってはチャンピオンズリーグ(CL)などに出場できないことを意味するため、移籍を検討している選手がいるとの情報もある。
同紙によると、ユベントスがジェズスに関心を示しているという。その移籍を阻止するため、シティが同選手に対して週給12万ポンド(約1560万円)の新契約を準備しているとのこと。ジェズスは今季公式戦39試合で18得点9アシストを記録する活躍を見せており、シティにとっては絶対に手放したくない選手のようだ。

update: 2020年5月17日11:59 pm