ジェズスを欲しいユヴェントス、コスタを差し出す | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/04/04
ジェズスを欲しいユヴェントス、コスタを差し出す

ジェズスを欲しいユヴェントス
獲得するためにグアルディオラがバイエルン時代から評価している
ドウグラス・コスタを差し出す交渉

ユーヴェがG・ジェズスを獲得へ…D・コスタとのトレードを提案か
4/4(土) 20:45配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ユヴェントスがマンチェスター・Cに所属しているブラジル代表FWガブリエル・ジェズスを獲得するために、ブラジル代表FWドウグラス・コスタの譲渡を提案しているようだ。イタリアメディア『カルチョ・メルカート』が3日に報じている。
以前からユヴェントスはジェズスへの関心が報じられていた。背景には、クラブを率いるマウリツィオ・サッリ監督が攻撃陣のオプションを増やしたいと考えていることや、元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが来シーズン限りで契約満了となるため、クラブが移籍金を手にできる今夏の売却を画策していることなどが挙げられている。
マンチェスター・Cはジェズスの売却に難色を示しており、同選手のイタリア行きが実現する可能性は低いと見られていた。しかし、ユヴェントスはD・コスタの譲渡を含めた条件でマンチェスター・Cと交渉する見込みだという。マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がD・コスタを高く評価していることから、マンチェスター・C側が首を縦に振る可能性は十分にあるようだ。
G・ジェズスは今季のプレミアリーグでは第29節終了時点で24試合に出場し10ゴールを挙げている。一方、D・コスタは負傷の影響もあり、今季のセリエAでは第26節終了時点で14試合の出場にとどまっている。

ユーベ、マンCジェズス獲得へ ペップが獲得を望んだD・コスタを交換要員に準備か
4/4(土) 8:30配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

イタリア王者ユベントスは、来季に向けた補強の課題をストライカーに設定。マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスがターゲットとされるが、交渉カードにブラジル代表FWドウグラス・コスタが含まれるとイタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。
ユベントスは今季終了後にアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが契約満了となり、退団が見込まれる。そして、補強ポイントにポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとコンビを組めるストライカーを挙げているなかで、ジェズスの名前が浮上してきた。
そこにはシティがUEFA(欧州サッカー連盟)主催大会2シーズンの出場停止処分を科されたことも背景にある。そのことで、上訴の行方次第では主力選手であるジェズス獲得の可能性が上げられるという判断が報じられてきた。
そして、記事ではシティのジョゼップ・グアルディオラ監督が2シーズン前、コスタがユベントス移籍を決めたタイミングでの獲得を望んでいたことを背景に、ジェズス獲得のための交渉カードに含めるプランがユベントスに生まれたとしている。
コスタは今季の中断前時点でリーグ戦の出場が14試合、プレータイムが515分という状況から、不可欠な存在とまでは表現できない立場にある。中盤の人材が豊富にいるユベントスだけに、交渉カードとして提案される可能性は十分にあると言えそうだ。

update: 2020年4月4日11:34 pm