デ・ブライネ、リーグ中断でサッカー愛を再確認する | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/04/04
デ・ブライネ、リーグ中断でサッカー愛を再確認する

デ・ブライネが3月1日からプレーできないことによって
自分がどれだけサッカーが好きかを再確認
予定より2年長く続ける、と

デ・ブルイネ「2年長く現役でやる」 新型コロナで決意
4/2(木) 13:34配信
AFP BB

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のケビン・デ・ブルイネ(Kevin de Bruyne)は、新型コロナウイルスによって失われた時間を埋め合わせるため、キャリアを終えるまで予定よりも2年長くプレーすると明言した。
新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によってプレミアリーグは少なくとも4月30日まで延期となっているが、3日には関係者による会合が予定されており、再開はさらに遅れるとみられている。
3月1日からプレーしていないデ・ブルイネは、この悲惨な経験によって自身がどれほどサッカーが好きなのかを明確に気づかされたという。
負傷によってチームが3冠を成し遂げた昨季の大半を棒に振った28歳のデ・ブルイネは、今季は個人的に傑出したシーズンを送っている。
ベルギー代表のチームメートであるロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)やアクセル・ヴィツェル(Axel Witsel)と共に、インスタグラム(Instagram)でQ&A形式のライブ配信を行ったデ・ブルイネは「もう少し長く現役を続けたいと妻に話した」と明かした。
「ロックダウン(都市封鎖)された後、僕は家にとどまることができない性分だと分かった。妻には予定よりも2年長く現役でやるつもりだと伝えた」
「再びサッカーをプレーしたい。待ち遠しいし難しいときだが、サッカーが一番重要というわけではない。みんなサッカーを愛しているが、まずは安全でいなければならない」 【翻訳編集】 AFPBB News

リーグ中断で気づいた? デ・ブライネ「もう少し長くプレーしたい」
4/2(木) 11:20配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが、新型コロナウイルスの感染拡大で試合が中断となったことでキャリアを長く続けたいと感じたようだ。4月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、試合が延期され、自宅待機を余儀なくされているデ・ブライネ。自身のインスタライブ配信でプレーできなくなったことにより、より長くキャリアを続けたいと感じていることを明かした。
「妻にはもう少し長くプレーすることになることを伝えた。中断となってから、家にいることができないことがわかった。2年は長くプレーしたいことを彼女に言ったよ。再びプレーしたいね。待ち遠しいし、難しい状況でもある。それでも、フットボールが一番大事なものではない。みんなフットボールが好きだけど、安全を守る必要がある」

“ロックダウン”がデ・ブライネのキャリアを長くする? 「僕はステイホーム出来ない質みたいだ」
4/1(水) 20:09配信
超WORLDサッカー!から

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが、新型コロナウイルスによる新たな決意を明らかにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。
世界中で猛威を振るうコロナウイルスの影響で、試合どころか自宅からも出られない状況が続く中、サッカーファンにとって“朗報”が届いた。
同じく自宅待機を強いられているデ・ブライネだが、少々飽きてきた様子。フットボールに対して新たな熱意が芽生えてきたようだ。
「妻に言ったんだ。『ちょっと長めにキャリアを続けてみるよ』とね」
「ロックダウンを強いられて、僕は家に留まり続けることが出来ないことが分かった。だから予定より2シーズンは長くプレーすると彼女に伝えたんだ」
「早くフットボールがしたいよ。難しいのは分かってる、僕らもフットボールも今は重要じゃない。だけど皆はフットボールを恋しがっている。でも安全でいることが大切なんだ」
「もう自宅待機を始めて2週間になるけど、最初は家族も子供たちも不安そうだった。今は大丈夫そうだけどね」
「でもこの状況に慣れるのに8~9日かかったよ。これからどうなるか分からないけど、幸運にも皆元気にしてるよ」

プレミアリーグ中止を訴えるデ・ブライネ「来季のことを考えるのであれば…」
4/3(金) 6:00配信
超WORLDサッカー!から

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが新型コロナウイルス(Covid-19)の感染爆発により中断となっているプレミアリーグについて言及した。ベルギーの新聞『ヘット・ラーツテ・ニウス』に語っている。
プレミアリーグは3月9日以降中断しており、先日少なくとも4月30日までの再延期が発表された。コロナウイルスの蔓延が止まらない中、デ・ブライネは「プレミアリーグとしてはできるだけシーズンを続けるために決定を先送りにしたいと思っているはずだ。だが、選手からすればそれは良いことではない。6週間もプレーしなければ3~4週間の準備期間が必要となる。仮にすぐ再開した場合、2、3試合プレーしただけで多くの選手がケガをすることになるだろう」
「もちろん、多くのお金が絡んでいることだから決定は難しいが、判断が遅れれば次のシーズンに影響が出てしまう。来季のことを考えるのであれば、決断は早く行われるべきだ」と今季の中止を訴えた。

update: 2020年4月4日11:17 pm