ラウタロ・マルティネスを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/03/31
最終更新日:2020/04/04
ラウタロ・マルティネスを狙う

インテル所属でアルゼンチン代表の
ラウタロ・マルティネス22歳に興味
アグエロの後釜候補として

シティのアグエロ後任はラウタロ 指揮官が獲得を熱望か
3/29(日) 10:53配信
SPORT.es/スポルト

“クン”ことセルヒオ・アグエロの後任を求めるマンチェスター・シティは、インテル・ミラノ所属FWラウタロ・マルティネス獲得を諦めていない。
イタリア紙『Tuttosport』によれば、シティの指揮官ペップ・グアルディオラはラウタロを是が非でも獲得したいようだ。
いずれにせよ、シティはFIFAのファイナンシャルフェアプレー規則(FFP)を破ったことでUEFA主催大会への出場禁止を科されている。今後TAS(スポーツ仲裁裁判所)がどのような判決を下すかが注目されているが、こういった理由によりラウタロがシティからのオファーを拒否する可能性も高い。
一方で、選手本人が既にFCバルセロナと移籍の口頭合意を結んでいるという説もある。アルゼンチン代表の同僚レオ・メッシを崇拝するラウタロは、バルサへの移籍を希望しているという。
いずれにしてもインテルはそう簡単にこの選手を手放さないだろう。

インテルFWマルティネス、マンCが獲得レース参戦へ…バルサと一騎討ち
3/29(日) 10:43配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cはインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得に乗り出す可能性があるという。28日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。
マンチェスター・Cは現在31歳のFWセルヒオ・アグエロの将来的な後釜の獲得に動く可能性があるとのこと。アグエロとの現行契約が来シーズンで満了するマンチェスター・Cは、同選手が退団を希望した場合は慰留しない意向を示していると同紙は報じている。
マンチェスター・Cを率いるペップ・グアルディオラ監督はアグエロの後継者候補として、マルティネスに注目していると同紙は伝えている。しかし一方で、バルセロナがマルティネス獲得に近づいていることや、マンチェスター・Cは今後2シーズンのチャンピオンズリーグ出場禁止処分の可能性がある。これらの事実からマンチェスター・Cがマルティネスを獲得するには障壁があると同紙は指摘している。

シティ、アグエロ後継者にラウタロ狙うも障壁は多い?
3/29(日) 17:30配信
超WORLDサッカー!から

マンチェスター・シティがインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)に関心を示しているという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。
今年6月で32歳を迎え、来シーズン限りで契約が満了となるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの後継者問題が浮上しているシティ。そのなかで、ジョゼップ・グアルディオラ監督がラウタロを完璧な後継者として視線を注いでいるという。
しかし、ラウタロがFWリオネル・メッシとの共闘を望んでいることからバルセロナ移籍が有力視されているほか、シティもファイナンシャルフェアプレー(FFP)制度抵触により、2年間の欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会の出場禁止処分が科されている。この処分が同選手獲得に向けて、大きな障害となる可能性があるようだ。
ベルギー代表FWロメル・ルカクとともにセリエA屈指の2トップを形成しているラウタロ。今シーズンはここまで公式戦31試合16ゴール4アシストの成績を収め、セリエAで上位争いを演じるインテルをけん引している。

update: 2020年3月31日11:53 pm