インテルのバストーニ20歳CBに興味 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/03/20
インテルのバストーニ20歳CBに興味

インテル所属のバストーニ20歳に興味
42億円必要そうでバルセロナと競合

シティとバルサによる20歳のインテルCB獲得レースがスタート…移籍金は41億円超
3/16(月) 12:25配信
SPORT.es/スポルト

忌々しいコロナウイルスによる延期でさえ、移籍市場での噂を止めることはできない。欧州のフットボールクラブでは、次のシーズンに向けて既に準備が続けられている。
そして注目を引き付ける一人が、アレッサンドロ・バストーニだ。
イタリア紙『Tuttosport』によると、バルセロナとマンチェスター・シティが、インテル・ミラノで輝き始めた20歳のCBの入札に参加したと報じた。
イタリアのメディアは獲得に必要な金額を記していないが、真実は、監督アントニオ・コンテが溺愛する真珠の引き抜きにはかなりの額が必要になるということだ。
『Transfermarkt』によると、20歳のイタリア人DFには、3,500万ユーロ(約41億6,000万円)の価値があるとしている。バストーニは今シーズン、すでにコンテの元で17試合をプレーしている。
アタランタユース出身で、パルマでもプレーしたバストーニは、ミラン・シュクリニアル、ステファン・デフライ、ディエゴ・ゴディンといった強固な3バックの存在に割って入る能力を示している。
『Tuttosport』が指摘するように、ペップ・グアルディオラはこの若きディフェンダーを非常に気に入っているようだ。
ペップはアレッサンドロ・バストーニのファンであり、センターバックが手薄なマンチェスター・シティに連れて行きたいと考えている。FFP規則の問題もあるが、今夏の市場で獲得に動くことを視野に入れている。
いずれにせよ、バストーニは将来を担う若手のホープである。

update: 2020年3月20日8:46 pm