キアラでウェストハム戦延期 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/02/11
キアラでウェストハム戦延期

キアラ(Ciara)というすごい嵐がやってくるので
9日のウェストハム戦延期

マンC、悪天候によりウェストハム戦延期を発表…代替日は今後発表
2/9(日) 22:24配信
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

プレミアリーグは9日の16時30分キックオフ予定だった第26節マンチェスター・C対ウェストハムの一戦が悪天候により中止となることを発表した。
試合はマンチェスター・Cのホームであるエティハド・スタジアム(マンチェスター)で行われる予定となっていたが、悪天候により延期の判断が下された。
マンチェスター・Cは「悪化する気象条件により、サポーターとスタッフの安全のため、今日の試合を延期することを決定した。この決定は、ウェストハムのクラブ関係者やその他関係者との協議の後、マンチェスター・Cの安全責任者により行われた」と声明を発表した。なお、プレミアリーグによると、代替日は未定で、後日発表される予定となっている。に関しては後日発表される予定となっている。

9日開催のマンC対ウエスト・ハム、悪天候により延期へ
2/9(日) 21:42配信
ゲキサカ[講談社]

プレミアリーグは9日、本日エティハド・スタジアムでの開催が予定されていたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ対ウエスト・ハムの一戦を延期すると発表した。
現在、イギリスや周辺国では嵐に見舞われ、交通機関に大きな影響が出ている。すでにオランダやベルギーでも一部の試合が延期となっており、プレミアリーグも地元警察など関係各所と協議の結果、中止が決定した。
シティは公式サイト上で「極端かつ厳しい気象条件のため、サポーターとスタッフの安全のため、今日の試合は延期された。この結果は、クラブの関係者やウエスト・ハムの役員と協議した結果によるものだ。スケジュール変更に関する情報は、追って発表する」と声明を発表している。

「マンC×ウェストハム」戦が悪天候で延期 大型の嵐直撃で最大風速144km/hに到達か
2/9(日) 21:40配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

プレミアリーグは現地時間9日に予定されていた第26節のマンチェスター・シティ対ウェストハム戦が悪天候の影響により延期になったと発表した。
現在、英国では“Ciara”と名付けられた大型ストームの影響で、大雨や暴風に見舞われている。9日(日本時間10日午前1時半)にマンチェスター・シティの本拠地エティハド・スタジアムでの開催が予定されてた試合の開催は安全性を考慮し、延期となった。
英ラジオ「talkSPORT」によれば、イギリス国内では最大風速が時速90マイル(144キロ)にも到達する見込みで、各地で竜巻警報なども出ているという。英国では過去7年で最大規模のストームとも伝えられ、フライトもすでに約200便が欠航になったという。
プレミアリーグは延期後の日程は追って発表すると公式サイトで伝えている。

マンチェスター・C対ウェスト・ハム、嵐の影響で延期に
2/9(日) 20:43配信
(Goal)

マンチェスター・シティは9日、同日にホームのエティハド・スタジアムで予定されていたプレミアリーグ第26節のウェスト・ハム戦を悪天候の影響で延期とすることを発表した。
現在、イギリスや周辺国は“キアラ”と名付けられた非常に大きな規模の嵐に見舞われており、すでに多くのフライトがキャンセルされるなどの影響が出ている。オランダリーグやベルギーリーグの一部の試合も延期を余儀なくされている中、マン・Cも安全面を考慮し、今節の開催を見送ることを決定している。
マン・Cは公式サイト上で、「利害関係者と共にクラブの安全管理部門、そしてウェスト・ハム側とも協議した結果、延期を決めました。新たな日程に関しては追って発表させていただきます」との声明を発表している。

マンC対ウェストハム戦が猛烈な嵐で延期、他競技にも影響
2/10(月) 10:49配信
AFP BB

【AFP=時事】9日に行われる予定だった19-20イングランド・プレミアリーグ、第26節のマンチェスター・シティ(Manchester City)対ウェストハム(West Ham)戦は、嵐の影響で延期となった。
英国はこの日、「キアラ(Ciara)」と名付けられた暴風雨に襲われ、猛烈な雨と風は交通機関にも影響を及ぼし、住民は不要不急の外出は避けるよう忠告された。
その中でシティは「悪化する異常な気象条件と、サポーターおよびスタッフの安全を考慮して、本日の試合は延期となった」「マンチェスター・シティの安全担当者が、クラブ関係者およびウェストハムの職員と相談して決断した」と発表した。
サッカー以外では、ラグビー女子シックスネーションズ(Women’s Six Nations Rugby 2020)のスコットランド対イングランド戦が延期になり、前日に行われた男子の同じ顔合わせは、悪天候の中でイングランドがスコットランドから13-6の勝利を収めた。
陸上のロンドン10キロロードレース(London 10k Runs 2020)は荒天のため中止となり、参加が見込まれていた2万5000人のランナーは外出を避けるよう忠告された。
また嵐はフランスにも広く影響を及ぼしたが、19-20リーグ1は9日に予定していた全3試合を消化し、パリ郊外ではラグビーシックスネーションズのフランス対イタリア戦が予定通り実施された。【翻訳編集】 AFPBB News

大型ハリケーンの影響でシティ戦やドイツ、オランダ等で試合延期
2/10(月) 7:27配信
SPORT.es/スポルト

大型ハリケーンがヨーロッパサッカーに猛威を振るっている。現地時間9日15時30分開始予定となっていたブンデスリーガ第21節のボルシア・メンヒェングラートバッハ対ケルンの試合は、9日夜から10日にかけて欧州を襲っている大型ハリケーン“Sabine”による天候悪化により延期となった。
ボルシアMGは、「ドイツ気象局からは、試合後にメンヒェングラートバッハを嵐が襲うとの予報が出ています。夜には最悪の事態が予想されます。そのためファンの安全を保証することができません。我々は、市議会、消防局、警察、そしてドイツサッカーリーグ(DFL)と協議し、試合をキャンセルすることを決定しました」と声明を発表している。
バイエルン・ミュンヘン対RBライプツィヒの試合(18時30分開始)は、バイエルン州へのハリケーンによる影響はなく、通常どおり行われた(0-0)。
ハリケーン“Sabine”ないし、ストーム“Ciara”として知られる嵐によって、オランダとベルギーのサッカー連盟も、日曜日に予定されていたすべての試合の延期を決定した。
イングランドでも同様の理由でマンチェスター・シティ対ウエストハム戦が延期となった。
マンチェスターに2013年以来、最悪のストーム“Ciara”が甚大な影響を与えている。市街にアクセスするための道路は分断され、複数の公共交通機関が交通障害を起こしている。2,000軒以上の家屋が停電となり、暴風雨は一日中続き、大雨による突風が時速144キロメートルに達する可能性があるととの予報が出ていた。

マンC、悪天候でウェスト・ハム戦の中止を発表。ドイツやベルギーでも延期が相次ぐ
2/10(月) 7:20配信
フットボールチャンネル

現地時間9日、プレミアリーグは同日に予定されていた第26節のマンチェスター・シティ対ウェスト・ハムの試合を悪天候のため延期することを決定した。
このゲームの主催者であるシティは「極端かつ厳しい気象条件のため、サポーターとスタッフの安全を考慮した結果、試合を延期することを決定した」との声明を発表した。なお、再試合の日程はまだ発表されていない。
9日夜から10日にかけて大型で非常に強い風を伴う低気圧が北部ヨーロッパに接近しており、大きな被害が出ることも予想されている。そのため大事を取って今回の決断が下されたようだ。
この影響で9日に行われる予定だったオランダ・エールディビジのユトレヒト対アヤックスら4試合、ドイツ・ブンデスリーガ第21節のボルシア・メンヘングラッドバッハ対ケルン、ベルギー1部アントワープ対ゲンクなど欧州各地で試合延期が発表されている。

ウェスト・ハム戦延期でマンチェスター・Cに大ピンチ?今季終了まで超過密日程の可能性も
2/10(月) 6:05配信
(Goal)

マンチェスター・シティがシーズン終盤にかけて過密日程を迎える可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。
今シーズン、プレミアリーグ3連覇が絶望的ではあるものの、チャンピオンズリーグ、FAカップ、カラバオカップと依然として4冠のチャンスを残すマンチェスター・C。そんな中、9日に予定されていたウェスト・ハム戦がストームの影響で延期されることが発表された。
しかし、この試合延期がマンチェスター・Cの今後に大きな影響を与える可能性がある。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームは、カラバオカップ決勝に勝ち進んでおり、3月1日に予定されているプレミアリーグ第28節アーセナル戦も順延が決定。また、今後FAカップを勝ち進めば3月16日の第31節チェルシー戦、4月18日の第34節ニューカッスル・ユナイテッド戦も延期される可能性がある。
さらに、マンチェスター・Cがチャンピオンズリーグでも準々決勝や準決勝まで勝ち進むことになれば、3月から5月にかけて空いているミッドウィークは4週分(3月第2週、第4週、4月第3週、5月第2週)しかなく、順延されるプレミアリーグ4節分をその中に組み込まざるを得ないようだ。
仮にそのような事態になれば、マンチェスター・Cは2月22日のレスター・シティ戦から13週間にわたり3日ないし4日に1試合をこなす超過密日程を迎えることになる。
なお、今回延期が決まったマンチェスター・Cとウェスト・ハムの一戦は、数日中に新たな開催日程が発表される予定だ。

update: 2020年2月11日7:27 am