グアルディオラ、ユナイテッドで指揮することは絶対無い | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2020/01/10
グアルディオラ、ユナイテッドで指揮することは絶対無い

グアルディオラはユナイテッドからオファーがあっても行かないとコメント
レアルの監督を受けないのと同じにね、というくらいだから絶対なのだろう

ペップがシティ退任後の行き先を明かす!?「マドリーやユナイテッドに行くことはない」
1/7(火) 12:24配信
SPORT.es/スポルト

マンチェスター・シティの監督ペップ・グアルディオラは、EFLカップ(カラバオ杯)準決勝1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に先立ち、試合前日会見で「たとえオファーを受けてもマンチェスター・ユナイテッドを率いることはない」とライバルチームの監督としての立場を明確にした。
カタルーニャ出身の監督はシティを率いた後、「もしオファーがなければモルディブに行って休むよ」と述べた。
「まあ、ゴルフ場がないからモルディブには向かないかもしれないね。シティを指揮した後はレアル・マドリーに行くことやユナイテッドのようなライバルチームに行くことはない」と、グアルディオラはバルセロナ愛も覗かせた。
2013年当時、ペップはアレックス・ファーガソンの立場を引き継ぐためにユナイテッドの監督候補に名前が載っていた。しかし彼はスコットランド人指導者の後継者としてではなく、バイエルン・ミュンヘンへ向かう決断を下した。
EFLカップのマンチェスター・ユナイテッドとの準決勝(日本時間8日5時)について、ペップ・グアルディオラはもちろん勝利することを望んだ。
「私がここに来てから敗北よりも多くの勝利を手にしてきた。それは重要なこと。準決勝を勝ち抜くためにうまくプレーする必要がある」

マンCのペップ監督、ライバル球団マンUの指揮官就任の可能性を否定 「絶対にない」
1/7(火) 10:01配信
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がライバルクラブのマンチェスター・ユナイテッドの監督就任の可能性は「絶対にない」と断言した。英公共放送「BBC」が報じた。
グアルディオラ監督と言えば、2013年にユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン氏が退任した際に後継者として浮上したが、当時はすでにドイツ王者バイエルンと合意に達していた。その時にマンチェスター行きは実現しなかったが、バイエルンでの指揮を経て、2016年にマンチェスター・シティの監督に就任した。
同じマンチェスターでも赤ではなく、水色のクラブを選んだペップ。今後のキャリアでユナイテッドを率いる可能性はないと断言した。ライバルチームに移籍するくらいなら、休暇を選ぶと語っている。
「もしどこからもオファーがなかったら、私はモルディブにいるかもしれない。ゴルフ場がないからモルディブではないかもしれないが、なんにせよシティのあとにユナイテッドで指揮することはない。私がマドリードで指揮を執ることが絶対にないのと同様にね。絶対にない」
グアルディオラ監督はバルセロナでも監督を務めた経験から、その宿敵であるレアル・マドリードで監督を務めることはないとも語っている。指揮官としてのキャリア選択にも揺るがない信念を持っているようだ。

update: 2020年1月10日11:47 pm