グアルディオラ、CF、LSB、WGを獲得できなければやめるかも | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/12/22
グアルディオラ、CF、LSB、WGを獲得できなければやめるかも

グアルディオラがクラブに補強を要求
CF、LSB、WGとアルテタの後任
獲得できなければ退任もあるという
本人はどう言っているかわからないが

ペップがクラブに3ポジションの補強を要請 叶わない場合は退任も
SPORT.es/スポルト

ここ数週間ペップ・グアルディオラの解任が噂されたが、マンチェスター・シティはこのスペイン人監督の契約満了(2021年6月)前の辞任は望んでいないようだ。
しかし、グアルディオラは新戦力と新アシスタントコーチの一刻も早い獲得を希望しており、もしこの要請をクラブ側が叶えない場合、グアルディオラの契約満了前の退任もあり得ると英国メディア『Daily Mail』が報じている。
同メディアによれば監督はバイエルン・ミュンヘンへの移籍が噂されているレロイ・サネの後任としてウィングと左サイドバック、そしてセンターフォワードを1名ずつ求めている。度重なる要望にも拘わらず、シティは今夏ロドリとジョアン・カンセロを獲得するに留まった。
スペイン代表MFロドリは順応にも早く、早々に馴染んできたが、今年8月に6,500万ユーロ(約79億円)でユヴェントスから獲得したカンセロは高い期待に応えられておらず、既にバレンシアやバイエルンへの移籍が噂されている。
またアーセナルの監督に就任したミケル・アルテタの後任について、メディアは既にペップ・チームの一員であるロドルフォ・ボレイが抜擢されるのではないかと憶測している。

update: 2019年12月22日11:17 pm