イタリア代表MF19歳に興味 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/11/24
最終更新日:2019/11/26
イタリア代表MF19歳に興味

イタリア代表でブレシア所属の
サンドロ・トナリ19歳に興味
このピルロ2世をチェックするためスカウトを派遣

マンCが“ピルロ2世”獲得に本腰…ローマ戦にスカウト派遣か
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティが24日にスタディオ・オリンピコで行われるセリエA第13節のローマ対ブレシアの一戦に、スカウトを送り込むようだ。その目的はブレシアのイタリア代表MFサンドロ・トナリ(19)だという。伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。
ビッグクラブが獲得に興味を示すトナリは、稀代のレジスタ、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏と同じくブレシア育ち。さらにアタッカーからレジスタにコンバートされるなど、似た点が多く、“ニュー・ピルロ”や“ピルロ2世”と呼ばれている。
足もとの技術だけでなく、元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏のようなハードなタックルも特徴的なトナリ。今季はセリエAで11試合に出場し、1ゴール2アシストを記録しており、19歳にしてイタリア代表で3試合に出場している。
同紙によると、シティは19歳レジスタに興味を示しており、ローマ戦にスカウトを送り込む模様。トナリに対しては、インテルやナポリ、ユベントス、レアル・マドリー、パリSGが興味を示しており、激しい争奪戦が予想されている。

マンC、“ピルロ後継者”にスカウト派遣。2000年5月生まれの19歳
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティはイタリア・セリエAのブレシアに所属するイタリア代表MFサンドロ・トナーリを注視しているようだ。
24日付けの英紙『デイリー・ミラー』ら複数のメディアは、伊メディア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がシティはセリエA第12節のローマ対ブレシア戦にスカウトを派遣すると報じたと伝えている。
トナーリは2000年5月生まれの19歳だ。2017年8月に17歳3ヶ月でプロ初出場を果たすと、今年10月にはイタリア代表デビューも飾った。中盤でプレーするトナーリは“アンドレア・ピルロの後継者”として大きな期待を背負っている。
そんなトナーリに対してはシティだけでなくマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、インテルやユベントスといったビッグクラブも興味を持っているようだ。
なおブレシアの会長を務めるマッシモ・チェッリーノ氏は「私は3億ユーロ(約360億円)の価値がある選手だと思っている。それ故に彼を売却する意思はない」とトナーリ放出を明言している。果たして欧州注目の19歳は今後どうなるのだろうか。

update: 2019年11月24日10:20 pm