レアル、スターリングが欲しくて96億円にベイルをつける | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/11/05
最終更新日:2019/11/10
レアル、スターリングが欲しくて96億円にベイルをつける

レアル・マドリーがスターリングを狙っていると
前から言われていたが、やっぱり欲しくて
96億円にベイルをつけて交渉する、と
しかし怪我がちの30歳はどうか

レアル会長、「ベイル+96億円」を交渉カードに用意と英報道 巨額資金で狙うのは?
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、退団願望が見え隠れするウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて、新戦力の獲得のために交渉カードに使う考えを持っているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。
ベイルはレアルの今夏の移籍市場で退団が濃厚と言われた時期もあったが、結果的には残留してシーズンがスタートした。しかし、レアルとベイルのぎくしゃくした関係は常に見え隠れしている状況にあり、中国などのアジア方面を含めた退団の可能性は常にちらついている。
しかし、ペレス会長は単純な移籍金を得るという考えではなく、ベイルを交渉カードに含めた選手獲得を狙っているという。そのターゲットがマンチェスター・シティでブレイクしているイングランド代表FWラヒーム・スターリングだ。
現時点での活躍度は、スターリングのほうがはるかに高いと言える。それを反映するかのように、ペレス会長はベイルの保有権にプラスして8000万ユーロ(約96億円)という巨額資金を投じて、シティとの交渉を狙う心づもりだという。
一時は移籍金のサッカー史上最高金額記録も保有していたベイルだが、今となってはその保有権に金銭をプラスして新戦力を狙うという立場になっているようだ。果たして、ペレス会長によるアイディアはシティの心を動かすことになるのだろうか。

レアルがスターリング獲得へ!ベイル+97億円のオファーを提示か
SPORT.es/スポルト

『Sky Sport』はガレス・ベイルに関する最新の噂を報じた。
レアル・マドリーはこのウェールズ人選手を手放す意向を強く持っており、マンチェスター・シティのラヒーム・スターリングを獲得するためにシティにベイルと8,000万ユーロ(約97億円)というオファーを提示する準備をしている可能性があるようだ。
レアル・マドリーがガレス・ベイルの売却を強行するためにプレミアのビッグクラブに売り込みをかけるのは初めての事ではない。
これまでにもトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドとコンタクトを取ってきたが、全て失敗に終わっている。
レアル・マドリーは今回のケースではベイルの売却を利用し、スターリングの獲得を試みようとしている。スターリングは近年、目覚ましい成長を見せており、グアルディオラのチームの中心選手の1人となっている。
いずれにしても、シティがチームの象徴的選手の1人を手放す事を容認するにはこの条件では難しいと思われる。『Sky Sport』の同報道でも、このオペレーション成功の可能性は低いという見解が示されている。

「ベイル+100億円」!? レアル、超絶オファーで冬の大型補強に挑戦か
フットボールチャンネル

レアル・マドリーは、FWガレス・ベイルの放出と同時に大型補強を実現させたい考えかもしれない。英『スカイ・スポーツ』は4日、レアル・マドリーがマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒー
今年夏に移籍の噂があったものの最終的に残留したベイルは、冬に再びレアル・マドリーから去ることを希望している様子。ジネディーヌ・ジダン監督との関係も良くないと伝えられており、再び去就に注目が集まりそうだ。
そこで、レアル・マドリーはベイルの放出と、戦力補強を関連付けることを検討しているという。『スカイ・スポーツ』によると、そのターゲットがスターリング。今月行われるイングランド代表の試合にレア
レアル・マドリーは以前からスターリングに注目している。ベイルの放出と絡めることで、移籍金の節約とチームの若返りを同時に実現させたい考え。レアル・マドリーはベイル+7000万ポンド(約98億円)という条件を用意したそうだ。
ただ、シティ側の思惑は異なる。ジョゼップ・グアルディオラ監督はベイルの獲得を望んでいない。スターリング本人がスペインでのプレーに興味を持っている模様だが、シティがチームの中心選手を手放す可能性は低そうだ。

update: 2019年11月5日7:55 pm