ロビーニョ勝手に帰国 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/01/26
ロビーニョ勝手に帰国

ロビーニョが勝手に帰国
彼は本当にまだ子供なんだろう
いい選手ではあるが売った方がいいかもしれない

マンチェスター・シティ(マンC)のFWロビーニョは18日の夜、チームが合宿を行っていたスペインのテネリフェから無断で抜け出して、ブラジルに帰国していたことが発覚した。本当の理由は定かではないが、イングランドのメディアでは、「同郷の親友カカのマンCへの移籍話が破談になったことに対する反発ではないか」との報道がある一方、複数のメディアは、「25歳の誕生日(1月25日)を家族と祝うためブラジルに帰ったのではないか」と推察している。一方、ロビーニョ本人は20日、BBCのインタビューで、「カカの獲得失敗で監督やチームを恨んでブラジルに帰ったのではなく、家庭の事情で帰国しただけだ」と釈明した。「クラブには、家庭の事情でブラジルに帰らなければならないと説明してある。もちろん、1日も早くチームに戻るつもりだ。カカは僕の親友だし、マンCに来てくれれば最高だけど、本人がミランに残りたいのなら、僕としては何もできない」ところが、マンCのギャリー・クックCEO(最高経営責任者)は、ロビーニョからは事前に帰国の明確な理由を告げられていなかったようだ。「ロビーニョが今テネリフェにいないことは知っているが、もし無断で合宿を引きあげたとしたらクラブの規律違反ということになる。わたしは、今回の帰国に関する詳細なリポートを待っているところだ。罰則を科すかどうかを決めるのは、どのような“家族の事情”があったかを聞いてからだ」スポーツナビ

update: 2009年1月26日12:37 pm