神童ウーデゴーアに興味 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/10/08
神童ウーデゴーアに興味

神童ウーデゴーアに興味
神童っぷりを発揮し始めた天才に
シティも興味だが他のクラブも注目

ついに目覚めた“神童”ウーデゴールに各国ビッグクラブが熱視線
SPORT.es/スポルト

レアル・マドリーからのレンタル移籍でレアル・ソシエダでプレーするウーデゴールは9月のラ・リーガ月間MVPにノミネートされている。
そして、その活躍により多くのビッグクラブから注目を集め始めている。それは将来的にレアル・マドリーが見据えるビジネスの一つである。
弱冠20歳のノルウェー人選手はマドリーが彼を獲得した際に思い描いていたシナリオを歩み始めている。
レアル・マドリー・カスティージャとオランダサッカー界で経験を積んだ5年間は、彼をより成熟させ、マドリーに戻るためのレベルに到達しつつある。
現在、彼はレアル・ソシエダでキャリア最高の時を過ごしている。彼の攻撃的で魅力的なプレーはサン・セバスティアンのサポーターを魅了している。
しかし、近い将来のマドリー復帰は保障されていない。ウーデゴールは2017年に2021年6月30日まで契約を更新したが、その際に契約解除金は8,000万ユーロ(約94億円)に設定されている。
巨額と言える数字だが、現在彼の獲得に興味を示しているプレミアリーグのクラブにとっては手の届かない金額ではない。
マンチェスター・ユナイテッドは現時点でウーデゴールに最も強い関心を示しているチームである。
しかし、その他にもマンチェスター・シティ、リヴァプール、そしてアーセナルがメスト・エジルの後釜として獲得を目論んでいるとも関連づけられている。
さらにブンデスリーガではバイエルンとドルトムントが同選手の獲得を前向きに考えている主なチームだという。
最近だと、アトレティコ・マドリーも彼の獲得に向けてマドリーと交渉を行うつもりがあるという報道も出ている。

マンC、今季限りで退団するシルバの後釜獲得へ…リーガ月間MVPの”神童”に関心
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cがレアル・ソシエダでプレーするノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアに関心を示している模様だ。イギリスメディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。
マンチェスター・Cに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバは今季限りでのクラブ退団を明言。そこでマンチェスター・Cはウーデゴーアをリストアップしているという。
ウーデゴーアはレアル・マドリードの下部組織出身の20歳。同選手は神童と呼ばれ、わずか15歳でノルウェーのA代表デビューを飾り、2015年にレアル・マドリードのトップチームでデビュー。ヘーレンフェーンやフィテッセへのレンタル移籍を経て、今シーズンはレアル・ソシエダへとレンタル移籍している。
ウーデゴーアはリーガ・エスパニョーラ第7節までで2ゴール2アシストを記録。9月のリーガ・エスパニョーラ月間MVPに選出された。
同選手にはマンチェスター・C以外にもアーセナルやマンチェスター・Uといったクラブが関心を示している模様。スペイン紙『アス』によると、ウーデゴーアの今季の活躍から、レンタル元であるレアル・マドリードはシーズン途中での引き戻しを視野に入れているという。

シティ、今季限りで退団濃厚のシルバ後釜にノルウェーの神童に関心か
(超WORLDサッカー!)

マンチェスター・シティが、レアル・マドリーからレンタルでソシエダに加入しているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)に関心を示しているようだ。スペイン方面の情報をもとにイギリス『デイリー・メール』が伝えている。
2010年夏に加入以降、攻撃のタクトを振るってきた元スペイン代表MFダビド・シルバが今シーズン限りで退団することを明言しているシティ。そこで、シティは長期的な後継者として、ウーデゴールの動向に視線を注いでいるという。
ただ、ノルウェー代表MFに対してはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルなど複数のプレミアクラブが関心を示している模様。さらに、保有権を持つマドリーが移籍金6000万ポンド(約78億9000万円)を要求していることや、選手当人が「僕の目標はマドリーでプレーすること」と残留を希望するコメントを残していることから難しいオペレーションになることが予想されている。
15歳という若さでノルウェー代表デビューを果たした神童として、2015年1月に鳴り物入りでマドリーに加入したウーデゴール。だが、トップチームで目立った成績を残ことはできず、ヘーレンフェーンやフィテッセへのレンタル移籍を経験した。
ソシエダにレンタル移籍で加入した今シーズンは、ここまでのラ・リーガ7試合で2ゴール2アシストを記録するなど、好パフォーマンスを披露。9月の月間MVPにも選出されている。

「ノルウェーの神童」エデゴールにプレミア強豪興味
日刊スポーツ : nikkansports.com

レアル・マドリードからの期限付き移籍でRソシエダードに加入している「ノルウェーの神童」と呼ばれた同国代表MFマルティン・エデゴール(20)に、プレミアリーグの強豪が興味を示していると、英紙サンが報じた。
リーグ開幕戦から全7試合に出場し、2得点2アシストの記録を残し、Rソシエダードで重要な選手になっているエデゴールに、マンチェスターUが興味を示しているという。同選手を視察するため、Rソシエダードの試合にクラブスタッフを派遣すると報じた。
また、エデゴールは10月の代表ウイークで欧州選手権予選を戦うノルウェー代表に招集されており、スペイン、ルーマニアと対戦する。
同選手の期限付き移籍の期間は今シーズンからの2年間となっている。そのことについて本人はESPNのインタビューで「僕は2年間ここでプレーするつもりだし、僕にとってそれが重要だと思う」と契約を全うするつもりでいることを明かしていた。
一方で、Rマドリードが期限付き移籍の期間を1年早めて来季、チームに連れ戻したい場合はRソシエダードに賠償金として200万ユーロ(約2億4000万円)支払わなければならない契約となっている。

ノルウェーの神童エデゴーが英国行き? アーセナルMFエジルの後継者候補に浮上か
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

レアル・マドリードから期限付き移籍でレアル・ソシエダに加入しているノルウェー代表MFマルティン・エデゴーが、元ドイツ代表MFメスト・エジルの後継者としてイングランドへ渡るのではないか、とスペインメディアが報じている。
現在20歳のエデゴーは15歳でノルウェー代表デビューを果たし、16歳でレアルへと引き抜かれた逸材だ。加入後はローン移籍で国外クラブを渡り歩いていたが、今季からソシエダでプレーし、スペインの地でハイパフォーマンスを披露している。
その活躍ぶりから再び大きな関心を集めるようになっていたエデゴー。将来はレアルのトップチームでプレーすることが期待されるが、同時に欧州のメガクラブもその動向を追っている。スペインメディア「エル・デスマルケ」はウナイ・エメリ監督率いるアーセナルが、10番のエジルに取って代わる選手として獲得を狙うのではと報じた。
エジルはアーセナルで出番を減らしており、去就問題が注目されている。同じ左利きのプレーメーカーであるエデゴーに後継者として白羽の矢を立てたようだ。記事では、アーセナルが7000万ユーロ(約82億円)を支払う準備があるとされている。
また、エデゴーに対しては、ドルトムントやインテル、アトレチコ・マドリード、マンチェスター・シティなども獲得に動くことが予想されている。移籍市場でノルウェーの“神童”の争奪戦が繰り広げられることになるかもしれない。

update: 2019年10月8日11:14 pm