ジェズス、ブラジル代表で2ヶ月出場停止 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/08/10
最終更新日:2019/08/12
ジェズス、ブラジル代表で2ヶ月出場停止

ジェズスがコパ・アメリカ決勝で退場になったが
納得いかず戻るときに水の入ったペットボトルを蹴り上げ
310万円の罰金+2ヶ月の出場停止
代表の2ヶ月間は親善試合のみ
ワールドカップ南米予選は出場可能に

コパ決勝で退場のブラジル代表ジェズス、2か月間の出場停止に
AFP BB

【AFP=時事】南米サッカー連盟(CONMEBOL)は8日、先月行われたコパ・アメリカ(2019 Copa America)決勝で退場処分になったブラジル代表FWのガブリエウ・ジェズス(Gabriel Jesus)に対し、代表戦における2か月間の出場停止処分を言い渡した。
イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)に所属する22歳のジェズスは、3-1で勝利したペルー戦で得点を挙げて母国の9度目となる南米制覇に貢献したが、70分にはこの日2枚目となるイエローカードを受け退場となった。
激しい抗議をみせたジェズスはピッチを去る中、手で不適切なジェスチャーを見せた。さらに、怒りのあまり水の入ったボトルを蹴り上げると、危うくビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)用のブースを押し倒しそうになり、控室に戻るときには涙を流していた。
ジェズスには3万ドル(約310万円)の罰金も科されているが、7日以内であれば異議申し立てが認められている。また、ジェズスの行動に問題があったとして、ブラジルサッカー連盟(CBF)にも1万5000ドル(約160万円)の罰金が言い渡された。
これによりジェズスは、来月に米国で行われるコロンビア、ペルーとの国際親善試合を欠場することになるが、来年3月に予定されているW杯カタール大会(2022 World Cup)の南米予選には出場できる。【翻訳編集】 AFPBB News

update: 2019年8月10日8:23 pm