ギュンドアン、2023年まで契約延長 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/08/11
ギュンドアン、2023年まで契約延長

ギュンドアンが2023年までの契約延長決定
現在28歳のギュンドアン
全部とれる中盤の層の厚さ。

ギュンドアン、マンCと2023年まで契約更新。3年間で114試合17得点
フットボールチャンネル

ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが9日、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティと新たに4年間の契約更新をし、2023年までの契約となった。同クラブの公式サイトで発表している。
2009年にニュルンベルクでトップチームデビューを果たしたギュンドアンは、2011年にドルトムントに移籍。その後、2016年にシティ移籍を果たした。シティに在籍した3年間で114試合に出場し、17得点を記録。プレミア優勝、カラバオカップ優勝、FAコミュニティ・シールド優勝をそれぞれ2回、FAカップ優勝1回の経験をしている。
シティのクラブ公式サイトでギュンドアンは「僕はシティと契約更新できてとても幸せだ。ここでの3年間は非常に楽しかった。シティのみんなは僕がここに来た時から家族のように接してくれている」とコメントしている。

マンC、ギュンドアンと2023年まで契約延長「このチームにいることは光栄」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cは9日、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとの契約を2023年まで延長したことをクラブ公式サイトで発表した。
28歳のギュンドアンは2016年夏にドルトムントから2700万ユーロ(当時レートで約31億円)の移籍金でマンチェスター・Cに加入。同クラブでは公式戦115試合に出場して17得点17アシストを記録し、プレミアリーグ優勝とリーグカップ優勝をそれぞれ2度、FAカップ優勝を1度経験している。
クラブ公式サイトにはギュンドアンのコメントが掲載され、次のように契約延長の喜びを語った。
「新しい契約にサインできて、とても幸せです。この3年間はとても楽しかったですし、クラブは僕が移籍した当初から、“家”にいるかのように感じる手助けをしてくれました」
「このチームにいることは光栄なことです。僕たちのスタイルでトロフィーを勝ち取ってきました。それはとても難しいことなので、その一員になることは喜ばしいことなのです。次の数シーズン、僕たちがどこまで到達できるのかとても楽しみにしています」

サッカー=マンC、ギュンドアンとの契約を2023年まで延長
(ロイター)

[9日 ロイター] – サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)は9日、MFイルカイ・ギュンドアンとの契約を2023年まで延長したことを発表した。
ドイツ代表のギュンドアンは2016年にドルトムント(ドイツ)から2500万ポンド(約31億8000万円)の移籍金でマンCに移籍。昨季は公式戦50試合に出場して6ゴール、8アシストをマークした。
契約延長に際してギュンドアンは、「シティでの3年間はとても楽しかった。移籍初日から自分の家にいるみたいに感じられるよう、クラブの全員が私を助けてくれた」との声明を出している。

update: 2019年8月11日11:37 pm