「シティは傲慢で金目的」と中国通信社 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/07/25
「シティは傲慢で金目的」と中国通信社

中国国営通信社がシティは金目的で来た
ファンをないがしろにした など報道
ほかのクラブは一生懸命だった・・・
分刻みのイベントや来日の遅れもあり本意じゃないだろうし
金目的もないだろうが

中国国営通信社、マンチェスター・Cのファンサービス欠如を非難「彼らは傲慢」「金目的で来た」
(Goal)

中国の国営新華社通信が、同国でプレシーズンマッチに臨んだマンチェスター・シティの振る舞いを強く非難した。
シティはプレミアリーグ・アジアトロフィーに参加し、17日にウェストハム、20日にウォルバーハンプトンと対戦したが、国営新華社通信は同クラブのファンサービスの欠如を非難する記事を記した。
国営新華社通信は「中国のマンチェスター・シティファンの愛は、中国国内で報われなかった」と題した記事において、シティについて「傲慢」と形容。アジアトロフィー優勝を果たしたウォルバーハンプトンが、試合後に観客に挨拶をしたのと対照的に、ジョゼップ・グアルディオラ監督がウェストハム戦でそうした振る舞いを一切しなかったことなどを挙げて、シティがただ収入を得ることだけを目的に中国を訪れたことを指摘している。
「ほかのクラブは中国のファンの心をつかもうとしていたが、マンチェスター・シティの主要な目的は金を手にすることだけだった。彼らの振る舞いは傲慢で、自分たちが大会の主役と自惚れていたのだ。ほかのチームは大きな敬意とファンを獲得して中国を去ったが、シティはそうすることができなかった」

「彼らは傲慢」「金目的で来た」中国国営通信社、マンCのファンサービス欠如を非難
ゲキサカ[講談社]

中国の国営新華社通信が、同国でプレシーズンマッチに臨んだマンチェスター・シティの振る舞いを強く非難した。
シティはプレミアリーグ・アジアトロフィーに参加し、17日にウエスト・ハム、20日にウォルバーハンプトンと対戦したが、国営新華社通信は同クラブのファンサービスの欠如を非難する記事を記した。
国営新華社通信は「中国のマンチェスター・シティファンの愛は、中国国内で報われなかった」と題した記事において、シティについて「傲慢」と形容。アジアトロフィー優勝を果たしたウォルバーハンプトンが、試合後に観客に挨拶をしたのと対照的に、ジョゼップ・グアルディオラ監督がウエスト・ハム戦でそうした振る舞いを一切しなかったことなどを挙げて、シティがただ収入を得ることだけを目的に中国を訪れたことを指摘している。
「ほかのクラブは中国のファンの心をつかもうとしていたが、マンチェスター・シティの主要な目的は金を手にすることだけだった。彼らの振る舞いは傲慢で、自分たちが大会の主役と自惚れていたのだ。ほかのチームは大きな敬意とファンを獲得して中国を去ったが、シティはそうすることができなかった」

マンCのペップ監督「理解に苦しむ」、中国の「間違った」報道に怒り
AFP BB

【7月24日 AFP】アジアツアーを実施中のイングランド・プレミアリーグ王者マンチェスター・シティ(Manchester City)が、中国に「失礼極まりない」態度を示したという同国国営メディアの報道に対して、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督が「間違った」報道だと怒りを見せている。
国営新華社(Xinhua)通信は自社の英語版サイトに長文の記事を掲載し、中国政府系の投資会社が一部株式を保有するシティが、金のためだけに中国を訪れ、ファンをないがしろにしたと主張。シティの「傲慢(ごうまん)な態度」や、中国メディアへの対応を激しく非難し、チームは後味の悪い形で中国本土を後にしていた。
これに対し、香港で取材に応じたグアルディオラ監督は「同意できないし、間違っていると言っておくべきだろう。そういうことを言いたいなら、われわれの事情を正確に把握してからにすべきだ」と反論し、「どうしてそんなことが言えるのか、理解に苦しむ。もしかしたら1人の記者が少し腹を立てているだけかもしれないが、理由が分からない。ともあれ、事実とはかけ離れている」と述べた。
グアルディオラ監督は、予定よりも遅れて中国入りした後、4日間で2試合をこなし、さらにこの後、香港と日本でも親善試合を予定しているチームの過密日程について口にしている。
「われわれは23時間遅れて中国入りした。それから列車で2時間移動して別の街で試合をし、それから上海へ戻り、そして今ここにいる。この後は東京へ行く予定だ」「それでも、いつも最高の笑顔を絶やさないようにしている。夜はあまりよく眠れていないが、良い練習はできている。ここまでの選手全員の頑張りには感激しているよ」 (c)AFP

「間違えている!」中国メディアの「シティは傲慢」批判にグアルディオラ監督が怒りの反論!
SOCCER DIGEST Web

「カネ目当てのプレシーズンツアー」との批判に、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は黙っていなかった。
新華社通信は、中国を訪れたシティのメディアやファンに対する姿勢を「無関心で情熱がない」、「傲慢」と批判。ツアー目的が「心や気持ちではなく、財布を勝ち取りたいという願い」だったとし、ウォルバーハンプトンやニューカッスルとは対照的に、新たなファンを獲得できなかったと断じている。
だが、英衛星放送『Sky Sports』によると、グアルディオラ監督は地元メディアからの痛烈な批判に対し、「賛同できないし、間違えていると言わなければいけない」と反論した。
「我々は上海で素晴らしい時間を過ごした。中国の人たちからいろいろなことを頼まれ、我々にはそれをする準備があった。アジアに来て、違う文化や食事を経験し、ほかの人たちと知り合えるのは素晴らしいことだ」
グアルディオラ監督は「だからこそ、どうしてそう言われるのか分からない。現実からほど遠い」とも主張。イングランド代表FWのラヒーム・スターリングも、「練習からホテルに戻るたびに、僕たちはファンと関わった。サインをし、挨拶をした。本当に良いつながりがあったと思う」と同調している。
「中国(ツアー)は素晴らしい経験だったと思う。みんなに聞いてくれよ。みんな気に入ったんだ」

update: 2019年7月25日3:06 pm