ユヴェントスのDFカンセロに60億円オファー | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/06/29
ユヴェントスのDFカンセロに60億円オファー

ユヴェントス所属でのポルトガル代表DFの
ジョアン・カンセロ25歳に60億円オファー
5年契約で年俸6億円、来るのか?

マンC、今夏の第一補強は60億円のDFカンセロ? 5年契約締結で2024年まで英入りか
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cはユヴェントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロの獲得を目前としているようだ。26日にイギリス紙『スター』が報じた。
同クラブはユヴェントスに対して移籍金4400万ポンド(約60億円)を支払い、カンセロには5年契約を提示した模様。マンチェスター・C加入に前向きな同選手は2024年までイングランドでプレーすることが可能となる。
マンチェスター・Cはイングランド代表DFカイル・ウォーカーとの積極的なポジション争いを意図してカンセロの獲得を希望していたという。ブラジル代表DFダニーロは先発メンバーとして定着することが困難であったため、今夏で退団する可能性も浮上している。
カンセロはベンフィカでプロデビューを飾り、バレンシアやインテルなどでプレーし、昨夏の移籍市場でユヴェントスに加入。わずか1年間で同クラブを離れ、イングランドでプレーすることが決定的となっている同選手は、素早くプレミアリーグに適応することができるのであろうか。

マンC、ユベントスのポルトガル代表DFを約60億円で獲得へ。ユベントスSDがロンドン入りか?
フットボールチャンネル

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティがイタリア・セリエAのユベントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロの獲得に向け、ユベントスのスポーツ・ディレクターと交渉を行うようだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の26日に報じた。
現在25歳のカンセロは期限付き期間を経て、2015年にベンフィカからバレンシアに移籍。その後、2017年にインテルへ買取オプション付きの期限付き移籍で加入した。だがインテルへの完全移籍はなく、2018年にユベントスへ完全移籍を果たした。今季は公式戦34試合に出場し、1得点8アシストを記録した。
イタリア紙『トゥット・メルカート』によると、シティは移籍金4400万ポンド(約60億円)をユベントスに支払う準備をしていて、年俸440万ポンド(約6億円)での獲得を検討しているようだ。
さらに、ユベントスでスポーツディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏がシティとの交渉に向けてすでにロンドン入りしているようだ。
果たして、カンセロはシティへ移籍することになるのだろうか。

マンC、今夏の第一補強は60億円のDFカンセロ? 5年契約締結で2024年まで英入りか
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cはユヴェントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロの獲得を目前としているようだ。26日にイギリス紙『スター』が報じた。
同クラブはユヴェントスに対して移籍金4400万ポンド(約60億円)を支払い、カンセロには5年契約を提示した模様。マンチェスター・C加入に前向きな同選手は2024年までイングランドでプレーすることが可能となる。
マンチェスター・Cはイングランド代表DFカイル・ウォーカーとの積極的なポジション争いを意図してカンセロの獲得を希望していたという。ブラジル代表DFダニーロは先発メンバーとして定着することが困難であったため、今夏で退団する可能性も浮上している。
カンセロはベンフィカでプロデビューを飾り、バレンシアやインテルなどでプレーし、昨夏の移籍市場でユヴェントスに加入。わずか1年間で同クラブを離れ、イングランドでプレーすることが決定的となっている同選手は、素早くプレミアリーグに適応することができるのであろうか。

マンC、“総額90億円”でユベントスDFを獲得か 今夏初の補強と英紙報道
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が今夏のトップターゲットとして定めるユベントスのポルトガル代表DFジョアン・カンセロは、4400万ポンド(約60億円)を超える金額でシティ入りに近づいているようだ。英紙「デイリー・スター」が報じた。
今季のプレミアリーグを制覇したシティは、来季こそ悲願のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げようと執念を燃やしている。そこでグアルディオラ監督は、右サイドバックを務めるイングランド代表DFカイル・ウォーカーに強い競争相手を提供したいと同ポジションに新たな選手の獲得を熱望。以前からユベントスで力を証明しているカンセロへの興味を隠していなかった。
そんななかユベントスのスポーツディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は、シティとカンセロの売却について交渉するためにロンドンへ足を運んでいるという。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」によると、4400万ポンドを超える金額での契約について話し合ったとされている。
25歳ながらベンフィカやバレンシア、インテル、ユベントスと渡り歩き、どのチームでも自身の持つクオリティーを披露しているカンセロ。先日のUEFAネーションズリーグではポルトガル代表の一員として初優勝に貢献するなど、評価は日に日に高まっている。
今回の交渉を終え、契約が決まるとすれば、カンセロは2024年までの5年契約で年俸440万ポンド(約6億円)と伝えられている。シティにとっては今夏初の獲得選手になるかもしれないが、交渉をまとめて獲得を発表することはできるのだろうか。

update: 2019年6月29日11:33 pm