シルバは来シーズンで退団する | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/06/27
シルバは来シーズンで退団する

退団の噂もあったシルバ
在籍10年になる来シーズン後退団することに
その後は家族が決める
コンパニーに続きシルバも去っていく

J参戦も噂された元スペイン代表MFシルバ、来夏のシティ退団明言 「完璧な時間だった」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが「これがラストシーズンだ」と語り、2019-20シーズン終了をもって同クラブから退団することを明言した。バレンシアから加入して10シーズンという節目でクラブを去ることになる。英公共放送「BBC」が報じた。
シルバは母国スペインの強豪バレンシアでブレイクを遂げ、多くのビッグクラブが触手を伸ばしていたなかで2010年にシティへ加入した。同クラブでは、これまでにプレミアリーグとリーグカップを4度、FAカップを2度制覇。通算396試合に出場してきた。18-19シーズンもリーグ戦33試合6得点を記録するなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で3冠達成に大きく貢献している。
しかし、シルバは契約満了を迎える来季終了後に、シティから退団することを決めたという。「来季以降も残るのか?」という質問に対して、次のように答えている。
「ノーだ。これがラストシーズンになる。10年で十分だ。僕にとっては完璧な時間だった。シティは最初、2年の契約延長を提示していたけど、僕は1年でサインすることにした。僕は10年で終えるよ」
33歳の司令塔は「サイクルが完了した。(10年は)切りのいい数字だ」と退団を決めるには絶好のタイミングだとも語った。
シティは2008年にアブダビグループに買収され、潤沢な資金力を手にしてチームの大幅な強化を進め、今やプレミア屈指のビッグクラブとなった。それは2011年以降に最多4回のリーグ優勝を果たしていることからも明らかで、中心には常にシルバがいた。それだけに「他のチームでシティと対戦する自分の姿を見ることはないだろう」とプレミア内での移籍の可能性についても否定している。
一時はヴィッセル神戸が関心を寄せているとも報じられたシルバ。引退は表明していないだけに、退団後の去就にも注目が集まりそうだ。

マンCシルバが来シーズン限りでの退団を明言…「僕はとても幸せだった」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバが2019-20シーズンをもってクラブを退団することを明言した。25日のイギリス紙『デイリーメール」が報じている。
シルバはインタビューに応じ、「僕はここで約10年間プレーした。それで十分だ」と退団の意思を明確に示した。また、「子供の頃、自分がこのクラブで多くのことを成し遂げられるとは思っていなかった。だから、今はとても満足している」と退団に悔いがないことも明かした。
そして最後にサポーターに対して、「彼らの僕に対するサポートや敬意を示す姿勢は信じられないほど素晴らしいものだった。僕はとても幸せだった」と感謝の言葉を残した。
退団後についてシルバは、「第一にもっと家族との時間が欲しい。今後については来シーズンが終わってからどうなるか様子を見ようと思う」とし、退団後の計画については未定としながらも、家族のことを最優先に考えると強調した。

シルバ、来季限りでマン・C退団を明言「10年で十分だよ」…去就不透明も「中国へはいかない」
(Goal)

マンチェスター・シティMFダビド・シルバは、2019-2020シーズンを持って同クラブを退団する意向のようだ。
2010年にマンチェスター・Cに加入したシルバ。その後絶対的な主力として、公式戦396試合に出場し71ゴール129アシストを記録。プレミアリーグ4度優勝など国内タイトルの獲得に大きく貢献し、2008年にUAE資本グループに買収されて以降のクラブで象徴的な選手としての役割を担ってきた。
そんなシルバだが、契約は2020年で満了となる。英『デイリー・ミラー』のインタビューで、契約満了をもってマンチェスターを離れるつもりであることを明かした。
「これが最後だ。僕にとっては10年で十分だよ。完璧な時だ」
「当初クラブは2年契約を話していたけど、別の契約にサインすることに決めた。だから、10年で終わりだ。これでサイクルは完了する。素晴らしい数字だね。他のチームの選手としてシティと対戦することは決して無いだろう。そう、10年だ。それでおしまい」
そして、今後については「家族を優先する」としつつ、どうなるかはわからないと話した。
「家族がいるし、それを優先する。もっと家族と過ごしたいんだ。マンチェスター・シティでもう1年プレーした後、その時に何が起こるかわかるだろう」
「中国へはいかない。僕はわからないよ。彼女が僕のために決めるんだ! (出身地カナリア諸島の)ラス・パルマスでキャリアを終わらせたいと思っていたが、フットボールは変わる」
2010年代のマンチェスター・Cを代表する33歳MFだが、エティハド・スタジアムでその姿を見るのは来季限りとなるようだ。以前にはJリーグ行きも噂されていたが、世界屈指の司令塔はどのような決断を下すのだろうか。

サッカー=シルバ、来季限りでマンC退団を表明
(ロイター)

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)のMFダビド・シルバが26日、2019─20シーズン限りで同クラブを退団すると表明した。英ブライトンで5月撮影(2019年 ロイター)
英BBCのインタビューで翌シーズン以降も残りたいかを質問されたシルバは「ノーだ。これが最後になる。10年で十分だ」と答え、「当初はクラブと2年延長と話していたが、1年だけにすることを決めた。そうすれば、10年で終わることができるから」と続けた。
シルバは2010年にバレンシア(スペイン)からマンCに移籍。プレミアリーグで4回、リーグカップで4回、イングランド協会(FA)カップで2回優勝を果たした。

ダビド・シルバ 来季終了後のマンC退団を発表…移籍先も決定か!?
SPORT.es/スポルト

スペインの『CadenaSER』局のインタビューでダビド・シルバ(33歳)は、「来季は僕の最後のシーズンとなる。10年間は僕にとっては十分だ」と2010年に加入したマンチェスター・シティからの退団を明らかにした。
「(契約更新)当初、シティは僕に2年間の契約をオファーした。しかし僕は1年間の契約を結ぶことを決定し、計10年間でシティと別れることを決意した。シティのライバルチームでプレーすることは考えていない」とシルバはプレミアリーグから離れることを示唆した。
ヴァンサン・コンパニがRSCアンデルレヒトに移籍したことで、おそらくシルバは主将を務め、シティでの活動を終了するだろう。
またシルバは、「僕はいつだってラス・パルマスでプレーしたいと言ってきた。しかし来季終了後どうなるのか、僕がどうなっているのかはまだわからない」とシルバは締めくくった。
なお、マンチェスター・シティは、7月27日(土)19:30より日産スタジアムで横浜F・マリノスとエキシビジョンマッチを行うことになっている。

update: 2019年6月27日11:28 pm