レスターのマグワイア獲得可能性大に | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/06/26
最終更新日:2019/06/29
レスターのマグワイア獲得可能性大に

レスター所属でイングランド代表の
ハリー・マグワイア26歳を
109億円で獲得、の可能性が大に
コンパニーがいなくなり補強急務な部分
かなりの金額を掛けても獲得したい

レスターのイングランド代表CB、マンCが争奪戦勝利か。DF史上最高額で獲得?
フットボールチャンネル

レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアは、マンチェスター・シティへ移籍する可能性が高くなったとみられている。英紙『ミラー』が23日付で伝えた。
昨夏のロシアワールドカップで評価を高め、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に動いていたが、レスターに残留して契約を延長したマグワイア。今夏の移籍市場ではシティとユナイテッドが獲得を争う状況になっているとみられていた。
英紙によれば、マグワイアはシティからの「断りきれない」オファーに応じることを友人に明かしたという。今週中にも移籍が決定する見通しだと伝えられている。
シティがレスターに支払う移籍金は8000万ポンド(約109億円)と予想されている。DFとしてはリバプールがオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを獲得した際の金額を上回るサッカー界の史上最高額であり、シティのクラブレコードも更新する数字だ。
シティへ移籍したとすれば、昨季限りで退団したDFヴァンサン・コンパニの後継者となることが期待される。シティはマグワイアに対して週給28万ポンド(約3800万円)の契約を準備しているとのことだ。

マグワイア獲得狙うマンC、週給3800万円を用意…本人も移籍に前向き?
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cがレスターに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアの獲得に向けて巨額のサラリーを用意しているようだ。23日、イギリス紙『ミラー』が伝えている。
マンチェスター・Cは今シーズン限りでの退団が決定しているベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの後釜を探しており、その候補の一人となっているのがマグワイアだ。マンチェスター・Cは同選手獲得にDF史上最高額でリヴァプールに移籍したオランダ代表フィルジル・ファン・ダイクの7500万ポンド(当時レートで約115億円)を超える移籍金を準備し、選手本人には週給28万ポンド(約3800万円)を用意しているという。
なお、マグワイアにはマンチェスター・Cの他にマンチェスター・Uも関心を寄せていることが明らかとなっている。しかし、マグワイア本人はオーレ・グンナー・スールシャール監督(マンチェスター・U)よりも、ジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・C)の下でプレーした方が成長できると考えているようで、マンチェスター・Cへの移籍を望んでいる模様だ。

マンチェスター勢がマグワイアの獲得を巡り争奪戦…両者89億円を用意
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

レスターに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアは今夏の移籍市場でマンチェスター・Uかマンチェスター・Cへと移籍する可能性がある。26日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。
マグワイアはイングランド代表でも好成績を残しており、国内の複数クラブが同選手の動向を注視するようになった。中でもマンチェスターの2クラブがマグワイアの獲得に本腰を入れており、移籍金として6500万ポンド(約89億円)を両クラブとも用意しているという。
レスター側はマグワイアの売却を急いでおらず、同選手自身も退団を望んでいるわけではないため、獲得は困難とされている。しかし、レスターは選手に見合った移籍金が支払われるのであれば、売却に応じるようだ。マグワイアもステップアップを果たすことには魅力を感じており、条件次第では移籍も検討すると同メディアは伝えている。

マグワイア獲得を巡る“マンチェスター・ダービー”…マンUが脱落か
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・ユナイテッドがレスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアの獲得を断念したようだ。1億ポンド(約137億円)とされる移籍金に躊躇したと見られる。英『ミラー』が伝えた。
マグワイアを巡ってはマンチェスターの2クラブが争奪戦を繰り広げ、ユナイテッドはオーレ・グンナー・スールシャール監督も獲得を熱望。しかし、クラブが出せるのは6000万ポンド(約82億円)が限度となっており、レスター側が要求した9000万ポンド(アドオンでさらに1000万ポンド=合計1億ポンド)という金額を受け、撤退を余儀なくされたとのことだ。
これにより、マグワイアを獲得する可能性があるのはマンチェスター・シティに絞られた。クラブは2018-19シーズン限りで退団したDFビンセント・コンパニの代役を探しており、これまでレスターに6500万ポンド(約89億円)を提示。ジョゼップ・グアルディオラ監督もマグワイアをDFアイメリック・ラポルトの理想のパートナーだと考えているという。

レスターDFマグワイアを巡るマンチェスター・ダービーが加熱…約90億円で決着か
(Goal)

レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイアを巡る、マンチェスター・ダービーが加熱の様相を呈している。
イギリス『スカイスポーツ』によると、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブがレスターDFマグワイア獲得に向け本格的な動きを見せているという。
記事では「マンチェスターの2クラブはレスター&代理人に接触しており、6600万ポンド(約90億円)ほどで決着する可能性がある」と伝えている。
マグワイア本人がレスターで満足しているとされる一方、もし高額なオファーが届いた場合、レスター側はマグワイアのステップアップを容認する姿勢を見せていた。
イングランド代表でも守備陣の主軸を務め、フィジカル&戦術面でも高く評価されているマグワイア。プレミアのトップクラブにステップアップする時間は間もなくやってくることになりそうだ。

update: 2019年6月26日7:26 pm