コンパニー退団、アンデルレヒトに選手兼監督に | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/05/20
コンパニー退団、アンデルレヒトに選手兼監督に

コンパニーが退団
契約延長の噂もあったが
なんと母国の強豪アンデルレヒトに
選手兼監督になる、と
コンパニーが加入してからシティは強くなっていった
まさにシティのレジェンド
いつかチャンピオンズリーグで対戦か

コンパニ、新天地は古巣のアンデルレヒト…選手兼監督に就任決定
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

アンデルレヒトは19日、マンチェスター・Cからの退団が発表された元ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼監督に就任すると発表した。同クラブの下部組織出身のコンパニは2006年以来の古巣復帰となる。
コンパニも自身の公式SNSで「私は過去に感謝しながらも、まだ野心的に未来へ向けて動いている。今後3年間、私はアンデルレヒトのプレイングマネージャー(選手兼監督)の役割を引き受ける。ベルギーは最高だ!」などと綴っている。

コンパニ、新天地は古巣アンデルレヒトに…選手兼任監督として復帰
(Goal)

マンチェスター・シティからの退団を発表したDFヴァンサン・コンパニは、ベルギー1部アンデルレヒトへ選手兼任監督として復帰することを明かしている。
33歳のコンパニは19日、2008年からプレーするマンチェスター・シティを今季限りで退団することを発表。今シーズンは国内3冠を達成し、有終の美を飾る形でファンに別れのメッセージをつづっていた。
さらに、自身のフェイスブックで明かしたメッセージでは、次に新天地を発表。下部組織出身で、プロデビューも果たしたアンデルレヒトへと復帰することを明らかにしている。
「僕には野心がまだあるし、未来に向けて動いている。これからの3年間はアンデルレヒトの選手兼任監督として働くことになる。僕はフットボール選手としてアンデルレヒトで歩み始めた。6歳からクラブで過ごしているんだ。34ものリーグタイトルを獲得しているし、最強の存在なんだよ」
続けて、「それほど前でもないが、アンデルレヒトから電話を受けた。選手兼任監督という役職は予想していたものではなかったが、しっかりと説明してくれた。そしてオーナーが約束したプランに興味をそそられたんだ」とオファーを受け入れた理由を説明している。
なお、アンデルレヒトは今シーズン、優勝を逃しており、現在はプレーオフの1試合を残すのみ。レギュラーシーズンを4位で終えたが、プレーオフの結果ですでに5位以下は確定している。

コンパニーがシティ退団、古巣アンデルレヒトで選手兼任監督に
AFP BB

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のDFヴィンセント・コンパニー(Vincent Kompany)は19日、11個のタイトルを獲得したシティを退団し、ベルギー1部リーグのRSCアンデルレヒト(RSC Anderlecht)で新たに選手兼任監督を務めることになったと発表した。
2008年のシティ加入後、これまで360試合に出場したコンパニーは、プレミアリーグとフットボールリーグカップ(England Football League Cup 2018-19)で4度ずつ優勝し、FAカップ(FA Cup 2018-19)とFAコミュニティーシールド(FA Community Shield)をそれぞれ2度制した。
シティは18日、ワトフォード(Watford FC)とのFAカップ決勝に6-0で勝利。キャプテンとしてトロフィーを掲げた33歳のコンパニーは、国内3冠を決める白星でシティでのラストゲームを飾った。
コンパニーは「チームを離れるときが来た。素晴らしいシーズンが終わり、退団することになった」とコメントした。「感謝しかない。私にとって特別なクラブでのスペシャルな旅を支えてくれたすべての人に感謝する」
アンデルレヒトでプロデビューを飾り、その後ドイツ・ブンデスリーガ1部(当時)のハンブルガーSV(Hamburger SV)に移籍したコンパニーは、指導者になるためのチャンスを楽しむと認めた。
コンパニーはフェイスブック(Facebook)に「過去に感謝する道を選んだが、私はいまだに野心的で、未来に向けて進んでいる。これからの3年間は、アンデルレヒトで選手兼監督を務める」と記した。
「皆さんを驚かせてしまうかもしれない。これまでの中で最も情熱に満ち、一番理性的な決断だ」
今季のホーム最終戦となった6日のレスター・シティ(Leicester City)戦、劇的なロングシュートを決めたコンパニーは涙を流していた。結局この得点が決勝ゴールとなり、勝利を収めたシティはリーグ連覇に王手をかけた。
コンパニーは当時、自身が感情的な反応を見せた要因は、退団する可能性があったからかもしれないと示唆していた。
しかしコンパニーは、シーズンが終了するまでしっかりと待ち、最終的にシティでの輝かしい時代に終止符を打つことを認めた。
「すべてのシティサポーターが、良い時だけでなく悪い時も私をサポートしてくれたことは絶対に忘れない。困難な状況でも皆さんは常に私を後押しし、決して諦めないよう奮い立たせてくれた」 【翻訳編集】 AFPBB News

マンC主将コンパニ、今季限りでの退団を発表「ついに去る時が来た」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cは19日、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが今シーズン限りで退団することを発表した。
現在33歳のコンパニは2008年からマンチェスター・Cに所属。加入11年目の今シーズンは公式戦26試合に出場し、キャプテンとしてイングランド史上初の国内3冠を達成したクラブを支えた。
現行契約が今夏に満了を迎えるため、去就に注目が集まっていたコンパニはクラブ公式サイトで、「ついにここを去る時が来てしまった」とコメントを発表した。
「本当に感謝している。この特別なクラブで、サポートしてくれた全ての人に感謝している。初めての日は最後の瞬間と同じくらいはっきりと覚えている。マンチェスターの人々から受けた限りない優しさのこともね。マンチェスター・Cの全てのサポーターが、良い時も特に悪い時もいつも変わらずサポートしてくれたことを決して忘れることはない」
なお、新天地については発表されていない。

update: 2019年5月20日4:52 pm