217億円使って3人の獲得を狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/02/20
217億円使って3人の獲得を狙う

217億円使って3人の獲得を狙う
ウェストハムのMFデクラン・ライス20歳 アイルランド代表
クリスタル・パレスのDFアーロン・ワン=ビサカ21歳 U-21イングランド代表
レスターのDFベン・チルウェル22歳 イングランド代表
定移籍金は総額217億円! マンCの名将グアルディオラが狙う「英国人トリオ」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は来季に向けたチームの補強策として、プレミアリーグで活躍する“ブリティッシュトリオ”に熱視線を送っているという。英紙「ザ・サン」が報じている。
記事によれば、ペップはチームにホームグロウン選手を加えたいと考えているようで、若き逸材の獲得を目指しているという。
スペイン人指揮官のウィッシュリストに載っていると噂されているのはウェストハムのMFデクラン・ライス、クリスタル・パレスのDFアーロン・ワン=ビサカ、そしてレスターのDFベン・チルウェルという3人だ。「ペップ・グアルディオラは総額1億5000万ポンド(約217億円)の価値があるブリティッシュ・タレントを追っている」と報じられている。
ライスは1999年生まれの20歳。ロンドン出身でチェルシーユースでもプレーしたが、代表では祖父母の祖国であるアイルランド代表を選んだ。今季は不動のセンターハーフとしてプレミア23試合に出場している。マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ前監督も獲得を望んでいたと言われる期待の選手だ。
U-21イングランド代表として活躍するワン=ビサカも今、プレミアで最も注目される若手選手の一人だ。21歳の右サイドバックで、クリスタル・パレスでレギュラーポジションをつかんで25試合に出場している。プロデビューからわずか1年だが、急成長を遂げてメガクラブから引く手あまたの状況だ。
そして最後の一人が、レスターで日本代表FW岡崎慎司と同僚のチルウェルだ。レスターがリーグ制覇を成し遂げた2015-16シーズンにリーグカップでトップチームデビューを飾り、昨年にはついにイングランド代表デビューも飾った左サイドバック。クラブとは2024年までの長期契約を結んでいるが、シティはこのレフティーの獲得も熱望しているようだ。
ライスは移籍金が推定7000万ポンド(約101億円)、ワン=ビサカとチルウェルがそれぞれ4000万ポンド(約58億円)にもなると言われている。
国外からタレントをかき集めてきたシティだが、英国圏の選手にも照準を定めているようだ。ペップによるチーム改革はさらに進められるのか。今季終了後のオフシーズンの動きに、今から注目が集まっている。

update: 2019年2月20日11:57 pm