マフレズがあまり出場できないのは私(グアルディオラ)のせいだ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/02/18
マフレズがあまり出場できないのは私(グアルディオラ)のせいだ

マフレズが出場機会が少ないが
マフレズの調子が悪いわけでもなく
自分のせいだ申し訳ない、とグアルディオラ
好きなだけお金を使い、好きな選手を獲得できるグアルディオラ
89億も使って・・・ちょっと考えないと
89億円マフレズの出場機会減にグアルディオラ「理由は私だ」
(Goal)

マフレズは、昨夏にクラブレコードの推定6000万ポンド(当時約88億6000万円)の高額移籍金でレスターからマンチェスター・C入り。シーズン半ばまでは定期的な出場機会を得ていたが、直近のリーグ7試合では先発出場なし。そのうち4試合がベンチで出場機会なく、1試合はメンバー外となっている。
マフレズの状況について、グアルディオラ監督は「そうだね。理由は私だ。私が理由なんだ。彼は全然、悪くない。トレーニングでの彼も素晴らしいから、私は(マフレズの出場機会が少ないことを)残念に思っている。本当に信じがたいほどのタレント性がある選手だ。だが、我々は今現在、5人のストライカーを擁している」とコメント。マフレズの状態は悪くないものの、なかなか出場機会を与えることができないチーム状況であると主張した。
さらに、グアルディオラ監督はマフレズについて、「我々は彼に満足している。値するべき出場機会を与えることができていないのが事実で、彼に申し訳なく思っている。私が言えるのはそれだけだ」と選手を気遣った。
マンチェスター・Cのウイングポジションでは、リロイ・サネやベルナルド・シウバ、ラヒーム・スターリングらが好調を維持しており、厳しい定位置争いが繰り広げられている。マフレズはアピールに成功し、出場機会を増やすことができるだろうか。

「理由は私だ」 ペップ監督、“出番減”のマフレズを擁護「彼にはまったく罪はない」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、クラブでの出番を失いつつある。直近のプレミアリーグ7試合でピッチに立ったのはわずか2試合(24分間)のみ。ペップ・グアルディオラ監督は「彼に罪はない」とし、マフレズを起用できていない状況を「悲しい」と語った。英公共放送「BBC」が報じている。
今季第26節までに21試合に出場しているマフレズだが、先発出場は10試合と、半分以下にとどまっている。特にここ1カ月半ほどは出場機会の減少が顕著だ。
シティを率いるグアルディオラ監督はこうした現状を「悲しい」と表現しているが、マフレズのコンディションやパフォーマンスが低下しているわけでも、個人的な問題を抱えているわけでもないと明かしている。
「理由は私だ。彼にはまったく罪はない。彼はトレーニングで素晴らしいプレーをしている。それだけに私は悲しいよ。彼は本当に才能豊かな選手だが、我々には5人のストライカーがいるんだ。前の試合ではレロイ(・ザネ)もプレーしなかった」
グアルディオラ監督によれば、豊富なタレントを抱え“過ぎ”ていることが、マフレズの出場機会減少の最大の理由だという。「我々には素晴らしい選手が揃っている。ベルナルド(・シウバ)やラズ(ラヒーム・スターリング)のような選手がね。彼らがトップフォームにあるのが大きな理由だ」と嬉しい悲鳴を上げている。
「現実として、私は彼(マフレズ)にふさわしいだけの出場機会を与えていない。そのことは本当に申し訳なく感じている。私が言えるのはそのことだけだ」
2017年、クラブレコードを更新する移籍金6000万ポンド(約85億円)でシティに加入したマフレズ。今はそのチームメートたちに押され気味の立場だが、再びレギュラーポジションをつかみ取ることができるだろうか。

update: 2019年2月18日10:38 pm