U-19クロアチア代表MF獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2019/01/18
U-19クロアチア代表MF獲得

U-19クロアチア代表でクロアチア1部ハイドゥク・スプリト所属の
アンテ・パラベルサ18歳を10億円で獲得
彼もフェルナンジーニョの後釜候補

SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティは、クロアチア1部ハイドゥク・スプリトの18歳MFアンテ・パラベルサを移籍金700万ポンド(約9億8000万円)で獲得することで合意に達したと、英紙「ガーディアン」が報じている。
シティは現地時間15日、川崎フロンターレのMF板倉滉と完全移籍で契約を結び、日本代表MF堂安律が所属するオランダ1部フローニンゲンへ2020年まで期限付き移籍することが発表されていた。
板倉が1月の移籍市場で最初の補強がシティだが、2人目の補強も決定的のようだ。記事では、クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトから新鋭MFパラベルサの獲得が合意に達していると伝えており、移籍金は約10億円と無名の18歳に対しては“大台”と言える。
「ここ数年で大きな進化を遂げている。彼はすでにクロアチアリーグで最も優れたセントラルMFの1人として評価を高めており、次世代を担う傑出した逸材だ。彼はサッカーの知性と試合の読み方において、トニ・クロースと似通っている点がある。現時点では8番の役割としてプレーしているが、シティは33歳のフェルナンジーニョに激しく依存していることもあり、素晴らしい6番へと成長させるつもりだ」
下部組織から今季トップチームへ昇格したパラベルサを、レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースを引き合いに出して評価。シティにとって最も不可欠な存在であるブラジル代表MFフェルナンジーニョの将来的な後釜として見据えていると分析している。

マンC、U-19クロアチア代表MFと合意間近。期限付き移籍決定の板倉滉のライバル出現か?
フットボールチャンネル

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティがクロアチア1部のハイドゥク・スプリトに所属するU-19クロアチア代表MFアンテ・パラベルサと合意したと英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の17日に報じた。
パラベルサはU-19クロアチア代表のキャプテンを務める18歳で、エバートンやサウサンプトン、ドイツのライプツィヒも獲得に興味を示していた。移籍金は700万ポンド(約9億8000万円)になる見通しで、同選手は今冬の加入ではなく、もう1シーズンをハイドゥク・スプリトでプレーする予定であるとも同メディアは伝えている。
パラベルサは今年で34歳になるブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜候補として指揮官ジョゼップ・グアルディオラが期待を寄せるボランチの選手である。その為、14日にシティとの契約を発表され、オランダのフローニンゲンに期限付き移籍したU-22日本代表MF板倉滉のライバルとなるかもしれない。

update: 2019年1月18日11:53 pm