ベティスがジンチェンコを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/08/26
ベティスがジンチェンコを狙う

乾所属で日本では注目されるベティス
そのベティスがジンチェンコを狙う
乾所属のベティス、マンCの左サイドバック獲得へ
SPORT.es/スポルト

今シーズン、ヨーロッパリーグに参戦するレアル・ベティス・バロンピエは大きな期待と共にシーズンをスタートさせている。
現在、ベティスの幹部達はラフィーニャの獲得に向けてFCバルセロナと交渉を続けているが、まだ何も正式には決まっていない。
さらにクラブ・ベルディブランコの強化部はカンテラ出身のジュニオルしか擁していない左サイドバックの補強の必要性も理解している。
そこで彼らはマンチェスター・シティに所属するウクライナ人選手、オレクサンドル・ジンチェンコに注目している。
ベティスはマンチェスター・シティに1200万ユーロ(約15億5,000万円)での買い取りが義務付けられた1年間のローン移籍を提案した。
21歳のジンチェンコは、より多くの出場機会を望んでおり、ペップ・グアルディオラ率いるチームを構成する多くのスター選手達の存在を考慮すると、シティでその望みを叶えるのは難しいと思われる。
ペップは昨シーズン、ジンチェンコを左サイドバックにコンバートし、一定の出場機会を与えた。
彼は2016年にマンチェスター・シティに加入し、同年は1年間のローン移籍でPSVアイントホーフェンに所属していた。
マンチェスター・シティとペップ・グアルディオラがこのベティスのオファーを好意的に捉えるのか、もしくは既に実証済みのジンチェンコのポリバレント性を考慮して戦列に残す事を望むのか今後の動向に注視しよう。

update: 2018年8月26日11:25 pm