ジョルジーニョをチェルシーにとられる | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/07/15
ジョルジーニョをチェルシーにとられる

もうシティに来る物だと思っていたナポリの
ジョルジーニョがまさかチェルシーに移籍
監督もセットということ
ナポリもなかなかやってくれる
マンCがナポリに怒り心頭! ジョルジーニョのチェルシー移籍の舞台裏でいったいなにが!?
(SOCCER DIGEST Web)

プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが怒り心頭だ。英紙『The Mirror』や米スポーツ専門チャンネル『ESPN』など複数の大手メディアが報じているのが、ジョルジーニョ争奪戦にまつわるドタバタ劇だ。
現地時間7月13日、チェルシーは解任したアントニオ・コンテ前監督の後任に、ナポリで指揮を執っていたマウリツィオ・サッリの招聘を発表した。と同時に新指揮官の信頼が厚く、ナポリ中盤の要だったイタリア代表、ジョルジーニョの引き抜きにも成功。両者揃っての入団会見を盛大に執り行なった。
だが、面白くないのがシティだ。『ESPN』は「ひょっとしたら今後、2クラブの関係は断絶するかもしれない」とも報じている。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の背信行為とスタンドプレーがその原因だ。
2週間前、シティとジョルジーニョは条件面で個人合意に達し、ナポリとも移籍金4420万ポンド(約66億3000万円)で話がついていた。ところが、ここでチェルシーの横槍が入る。詳細は明らかにされていないが、サッリ監督とジョルジーニョをセットで考えるオファーがあったとようだ。兎にも角にも西ロンドンの雄からは、ナポリに5300万ポンド(約79億5000万円)の額面が提示された。

update: 2018年7月15日11:51 pm