コンパニー、デ・ブルイネ vs 日本 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/07/03
コンパニー、デ・ブルイネ vs 日本

ワールドカップで実現した
コンパニー、デ・ブルイネ vs 日本
ベルギー vs 日本
素晴らしい試合だった。
コンパニーも絶賛、日本の2点は美しかった

「言わずにはいられない」 ベルギー代表DFコンパニが西野Jに脱帽「衝撃的に良かった」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表に2-3と逆転負けを喫した。それでも、FIFAランキング3位の強豪を追い詰め、対峙したベルギーDFヴァンサン・コンパニは日本の完成度に衝撃を受けたようだ。ベルギーメディア「Het Nieuwsblad」が報じている。
「僕が言わずにいられないのは、今日の日本は衝撃的に良かったということだ。彼らはとにかくハードワークを貫き、戦術的熟練者だった」
今季プレミアリーグで独走優勝を果たしたマンチェスター・シティでキャプテンを務めるコンパニは、これまで幾多の強豪チームと対戦してきた百戦錬磨のCBだが、日本が見せたパフォーマンスには驚きを隠しきれない様子だった。

「日本は信じられないほど良かった」。ベルギーCB、逆転勝利に安堵【ロシアW杯】
フットボールチャンネル

現地時間2日に行われたロシアワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、日本はベルギーに2-3で敗れた。DFヴァンサン・コンパニは、日本のパフォーマンスに驚いたようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が伝えた。
後半の立ち上がりに2失点したベルギー。その後、エデン・アザールのシュートはポストに嫌われ、ツキは日本にあるのかと思われた。
それでもコンパニは、「アザールのシュートのあとも、僕たちはメンタル的に強いことを示したね」と、落ち着いてプレーできたと感じている。
そして同選手は、「あと、これも言っておかなければいけない。日本は信じられないほど良かった。ハードワークを続けるし、彼らの戦術をしっかりやってきた」と対戦相手を評価。「ただ、僕たちも準備してきた。冷静に戦うことができてよかったね」と安堵している。

ベルギーの司令塔デ・ブライネが西野Jに感謝 「日本からレッスンを受けることができた」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

優勝候補ベルギーにとっては、FIFAランキング61位の日本にあわやアップセットを食らう窮地に追い込まれたが、デ・ブライネはこの苦戦も改めて気を引き締める好機としてポジティブに捉えているようだ。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」オーストラリア版がコメントを伝えている。
「僕たちは、対戦した日本からレッスンを受けることができただろう。それをブラジルとの試合で役立ててみせるよ。できる限りW杯の舞台にとどまりたい。ブラジルをノックアウトしてね」
プレミアリーグで独走優勝を果たしたマンチェスター・シティの中心選手であり、現在世界屈指のゲームメーカーと評されているデ・ブライネ。日本戦で学んだ教訓を、ベスト8で顔を合わせる王国ブラジル戦に生かすことができるだろうか。

デ・ブルイネ、55年ぶりのブラジル撃破に意欲。「勝ってW杯で優勝したい」【ロシアW杯】
フットボールチャンネル

試合後、ベルギーのMFケビン・デ・ブルイネは独メディア『第2ドイツテレビ』のインタビューで「サッカーにおいて厳しい時間帯というものはつきものだ。0-2の状況になった後、チャンスが来ると信じていた。このチームが持っているものを94分の逆転ゴールが示している」と冷静な表情で試合を振り返った。
6日にはベスト4をかけブラジル代表と対戦する。「ブラジルも倒したいね。どんな戦いになるかは分かっている。それでも我々はブラジルに勝ってW杯で優勝したい」と初のW杯制覇に意欲を示した。

ベルギーの“スター軍団”が日本の力を称賛 「どんなチームも倒せる」「反骨心示せた」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で、後半アディショナルタイムに痛恨の失点を喫して2-3と大逆転負けを喫した。後半に2点のリードを許したベルギー代表の選手たちは、ギリギリまで追い詰めた日本を「どんなチームでも倒せる」と称賛している。ベルギー紙「HLN」が報じた。
決勝点の高速カウンターの起点となったMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)は、「なんとか針の穴から這い上がることができた。でもみんな反骨心を示すことができた」と、0-2という絶望の淵から生還できたことに安堵の声を上げていたという。

W杯8強進出ならず「日本×ベルギー」の瞬間最高視聴率42・6%
(東スポWeb)

3日未明にNHK総合で生中継された「2018FIFAワールドカップロシア大会」の「日本×ベルギー」の平均視聴率が30・8%だったことが25日、分かった。
日本サッカー史上初のW杯ベスト8進出を懸けた一戦。深夜帯の放送にもかかわらず、列島中の注目を集め、瞬間最高視聴率は42・6%を記録した。
1次リーグ初戦、第2戦と同じ、ベストメンバーとなるスタメンに戻した日本は前半、ベルギーの猛攻に耐える時間が続く。それでも前半はなんとかしのいで0―0で折り返す。続く後半にスーパープレーが飛び出した。後半3分、MF原口元気(27=ハノーバー)が、MF柴崎岳(26=ヘタフェ)のスルーパスに抜け出して右足で先制点を決めた。すると同7分。乾が、右足を振り抜くと、無回転で飛んだボールがゴール右隅に突き刺さり、2点リードを奪った。
しかし、後半24分に1点を返されると、同29分に追いつかれてしまった。そして後半アディショナルタイムにカウンターから勝ち越しを許し、タイムアップ。衝撃の結末で日本のW杯は幕を閉じた。

update: 2018年7月3日11:35 pm