ヤヤ・トゥーレ、ペジェグリーニのウェストハムへ移籍かも | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/05/23
ヤヤ・トゥーレ、ペジェグリーニのウェストハムへ移籍かも

元シティの監督ペジェグリーニがウェストハムの監督に
そこでヤヤ・トゥーレがペジェグリーニと合流
お互いいいしチームも強くなる。そんな感じに

Y・トゥーレにウェストハム移籍の可能性が浮上 ペレグリーニ新体制発足なら実現か
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティでのラストマッチを終えて、フリー契約となった元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレに、ウェストハム移籍の噂が浮上している。
2017-18シーズンを13位で終えたウェストハムは、デイビッド・モイーズ監督の後任として、マヌエル・ペレグリーニ氏の可能性が上がっている。
そこで噂になっているのがトゥーレ加入の可能性だ。英紙「テレグラフ」は、ペレグリーニ氏がシティでトゥーレを指導していた経歴、13-14シーズンにはプレミアリーグ制覇を成し遂げ、二人が良い関係を築いていることに着目し、ウェストハムとトゥーレの交渉は金銭面で折り合いがつかず難航しているとされていたが、同氏が新監督となればそれも進むのではないかと報道している。
10年にシティに加入し、8年にわたり活躍してきたトゥーレ。英紙「ザ・サン」は、同クラブで2年間、トゥーレを指揮したジョゼップ・グアルディオラ監督が、「私は、彼(トゥーレ)にとって何が最善かを言える立場にない。彼の決めることだ」と前置きをした上で、「彼はまだ現役を続けたいと思っていると、私は思う。サッカーを愛している。試合が好きだし、トレーニング、特にボールを持っている時間を楽しんでいる。私のアドバイスは、もし彼がプレーしたいと願うなら、続けるべきだ。その気持ちに疑問を持つ時が来たら、引退すべき」と、話していたことを伝えている。

モイーズ退任のウエスト・ハム、名将ペジェグリーニ監督の就任を発表! レアル、マンCを指揮
ゲキサカ[講談社]

ウエスト・ハムは22日、河北華夏のマヌエル・ペジェグリーニ監督(64)が新指揮官に就任すると発表した。同クラブはすでに、今季途中から就任していたデイビッド・モイーズ監督の退任を発表していた。
チリ出身のペジェグリーニ氏は2005-06シーズン、ビジャレアルの監督として欧州CL4強入りを達成。MFファン・ロマン・リケルメやMFサンティ・カソルラら、テクニシャンを生かして一時代を築いた。
その後、09-10シーズンはレアル・マドリーの監督に就任。獲得した勝ち点96は当時のクラブ最多記録、現在でも11-12シーズンの100に続く2位の好成績を残したが、1年間限りで解任された。その後はマラガを経てマンチェスター・シティを指揮し、3年間で1度のリーグ制覇、2度のカップ優勝を果たした。
同氏はクラブの公式ツイッターを通じて、「このプロジェクトに興奮しているよ。これまでのクラブではいつも欧州カップ出場権を獲得しているので、それが目標になる」と、今季13位のクラブを6位以上に浮上させることを誓っている。

update: 2018年5月23日12:24 am