シティ、アザールを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/05/21
シティ、アザールを狙う

補強は2人くらいというが
その2人にお金を集中してすごい選手を獲得か
アザールを150億円で狙う

マンC チェルシーのベルギー代表アザールを巨額オファーで獲得か
(スポニチアネックス)

今季プレミアリーグを圧倒的な強さで制したマンチェスター・シティーが、同チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得に動いていると、21日付の英紙デーリー・スター(電子版)が伝えた。
マンチェスター・シティーのジョゼップ・グアルディオラ監督(47)は、アザールを今夏の移籍市場で獲得リストの最上位に据えており、移籍金1億ポンド(約149億円)に加えて、週給30万ポンド(約4470万円=年俸換算で約23億2440万円)の巨額オファーで獲得に動くという。
アザールはチェルシーとの契約を2年残しているが、地元メディアではスペイン1部レアル・マドリードへの移籍が有力視されている。また、フランス1部パリ・サンジェルマンも興味を示しており、本人が退団を決断した場合は争奪戦になることが予想されている。
グアルディオラ監督は、リーグ連覇と欧州制覇を目指す来シーズンに向けてワールドクラスの選手を2人前後補強する意向。スペイン代表MFダビド・シルバ(32)の後釜としてアザールを獲得したい考えという。
アザールは2012年にフランス1部リールからチェルシーに移籍し、今シーズンはリーグ戦で12ゴールをマーク。6月14日に開幕するW杯ロシア大会でもベルギー代表の攻撃の中心として活躍が期待されている。

update: 2018年5月21日11:54 pm