4.29:シティ vs ウエストハム(A) | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/04/30
4.29:シティ vs ウエストハム(A)

記録更新に向かって4-1と大勝

対戦相手 4.29:マンチェスター・シティ vs ウエストハム(A)4-1○
得点 13:サネ、27:オウンゴール、53:ジェズス、64:フェルナンジーニョ
GK エデルソン
DF ウォーカー、ラポルト、オタメンディ、デルフ
MF フェルナンジーニョ、ギュンドアン、デブルイネ
FW ザネ、スターリング、ジェズス
交代 61:ウォーカー >>>ダニーロ、71:ギュンドアン >>>トゥーレ、80:ジェズス >>>ヌメチャ
ベンチ ブラボ、ベルナルド・シルバ、バンジャマン・メンディ、フォーデン

記録更新間近のシティ、ペップは優勝セレモニーに向け「散髪するよ」
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティはプレミアリーグ第36節でウエスト・ハムに4-1に大勝した。
圧倒的な強さで優勝を決めたシティだが、その勢いはシーズン終盤にも落ちていない。現在勝ち点93のシティはあと1勝で、2004-05シーズンにチェルシーが記録した最多勝ち点「95」を塗り替える。また、あと2得点で同じくチェルシーが09-10シーズンに記録した最多得点「103」も更新。勝利数もチェルシーが昨季記録したリーグ最多タイの「30」に並んだ。
クラブ公式サイトによると、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「より多くの得点を決められて嬉しいよ。最多勝ち点の記録を破るためには、あと1勝が必要だ。ファンの前で勝ち点96という記録を作って、トロフィーを掲げるために、今日の試合で勝ちたかった」と喜びを語った。
シティは直近の3試合で12ゴールを挙げている。指揮官は「チャンピオンの風格でプレーしている。自信からくるスペシャルなものだ。でも同時に、集中するために、目の前に目標をもたらす必要がある」と記録更新を掲げ、選手たちのモチベーションを維持させているようだ。
次節のハダースフィールド戦はホームでの試合となるため、試合後には優勝トロフィーの授与式が行われる。念願の授与式を前に、グアルディオラ監督は「僕らは、全員散髪をするよ。とても楽しみにしているんだ」と改めて優勝の喜びを噛みしめている。「シティファンが集まって、一緒に楽しむ日だ。ハダーズフィールド戦も良い試合がしたい。ファンの前で、トロフィーを受け取るわけだし、勝ち点3を獲得したい。僕らにふさわしい。疑問の余地はないよ」と会見を締めくくった。

マンチェスターC敵地で4発快勝、リーグ戦3連勝
日刊スポーツ : nikkansports.com

マンチェスター・シティーがアウェーで4-1で勝利した。マンチェスターCはリーグ戦3連勝で勝ち点93とした。
▽得点経過
前半13分【マンチェスターC】サネ
前半27分【マンチェスターC】オウンゴール
前半42分【ウエストハム】クレスウェル
後半8分【マンチェスターC】ガブリエル・ジェズス
後半19分【マンチェスターC】フェルナンジーニョ

マンC、今季100得点達成。リーグ最多勝ち点&最多得点更新まであと一歩
フットボールチャンネル

優勝を決めたシティと、残留をまだ決めていないウェスト・ハムの一戦。ホームチームは立ち上がりから守備を固めたが、シティは早い時間にこじ開ける。
13分、ペナルティエリア右手前からザネがシュートを試みると、エブラの頭に当たってコースが変わったボールがGKの逆をつき、幸先良く先制した。
押し込むシティは27分、デ・ブライネのグラウンダーのクロスが相手のオウンゴールを誘ってリードを広げる。
前節までに今季プレミアリーグで98得点を決めていたシティは、これでシーズン100得点を達成。イングランドでは史上2番目の早さで3ケタに到達したことになる。
42分にクレスウェルの直接FKで1点を返されたシティだが、53分にガブリエウ・ジェズスのゴールで再びリードを広げると、64分にはフェルナンジーニョも続いて4-1となった。
危なげなく勝利を収めたシティは、これで勝ち点93、得点102。プレミアリーグ最多勝ち点記録の95(2004/05:チェルシー)、同最多得点記録103(2009/10:チェルシー)の更新が現実味を帯びてきた。

シティは記録との戦いへ…リーグ最多タイの“30勝”に到達!得点は102に伸ばす
ゲキサカ[講談社]

プレミアリーグは29日、第36節を行った。マンチェスター・シティは敵地でウエスト・ハムと対戦し、4-1で勝利した。
王者シティは前半13分、MFラヒーム・スターリングが右に展開し、MFリロイ・サネがPA右手前から左足を一閃。ブロックに入ったDFパトリス・エブラの頭に当たってコースが変わり、ゴール左隅に吸い込まれた。27分には、PA右深くからMFケビン・デ・ブルイネがシュート性のクロスを送ると、DFパブロ・サバレタのオウンゴールを誘発。2-0とリードを広げた。
シティはこれで今季プレミア100得点を達成。過去にシーズン100得点以上を記録したのは、2009-10シーズンにチェルシーが103得点、2013-14シーズンにシティが102得点、同シーズンにリバプールが101得点の3チームになっている。
ウエスト・ハムは前半39分、DFアイメリック・ラポルトのバックパスにプレッシャーをかけ、FWマルコ・アルナウトビッチがGKエデルソンからボールを奪取。そのままゴールネットを揺らしたが、エデルソンへのファウルを取られ、得点は認められず。それでも41分、PA右手前でFKを獲得すると、キッカーのDFアーロン・クレスウェルが左足を振り抜く。壁の左に入ったMFマーク・ノーブルが作ったコースに蹴り込み、ゴール右隅に突き刺した。
2-1と1点差に詰め寄られたシティは後半8分、右サイドでFWガブリエル・ジェズスのスルーパスを受けたスターリングが対峙した相手をかわして中央へ折り返すと、後方から走り込んだジェズスが右足で押し込み、3-1。19分には、PA右からスターリングが折り返したボールをMFフェルナンジーニョが右足で冷静に流し込み、試合を決定づけた。
試合は4-1でシティが勝利。勝利数をチェルシーが昨季記録したリーグ最多タイの『30』に伸ばした。

シティがシーズン最多勝利記録に並ぶ、ペップ監督「数字だけが目標」
AFP BB

今季リーグ30勝目を挙げたシティは、昨季チェルシー(Chelsea)が樹立した記録に並び、残り3試合での記録更新が期待されている。
リロイ・ザネ(Leroy Sane)のゴールで先制したシティは、その後昨季まで所属したウェストハムのパブロ・サバレタ(Pablo Zabaleta)のオウンゴールでリードを広げた。
前半終了間際にアーロン・クレスウェル(Aaron Cresswell)にFKを決められて1点差に迫られたシティだったが、後半ガブリエウ・ジェズス(Gabriel Jesus)とフェルナンジーニョ(Fernandinho)が加点し4点を奪った。
独走して早々と優勝を決めているシティは、次々と記録を塗り替えることでプレミアリーグ史上最高のチームに仲間入りしようともくろんでいる。
シティのジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は、「もっと勝ち点を積み上げれば、われわれはイングランド史上最高のチームになる可能性がある。次の日曜日(5月6日のハダーズフィールド・タウン戦)にそれに挑む」と話している。
「常に何かのためにプレーする必要がある。プレミアリーグで優勝が決まってからは数字が目標となった。記録を破るチャンスはあるが簡単ではない。われわれは良いプレーをしなければならない。戦うのは素晴らしいことだ」
リーグ戦35試合で102得点をたたき出しているシティは、1931-32シーズンのエバートン(Everton)以降ではリーグ史上最速で総得点を100の大台に乗せた。シティは2009-10シーズンにチェルシーがマークしたシーズン最多の103得点まであと1に迫っている。
また、シティはあと3ポイントを獲得すれば、チェルシーが2004-05シーズンに打ち立てた勝ち点95の記録を更新することができる。
「われわれはプロだ。チャンピオンになった瞬間もお祝いなどしなかった。数字はそこにある。あと一つ勝って96ポイントにしたい」 【翻訳編集】 AFPBB News

update: 2018年4月30日11:03 pm